転職 年収 下がる

【後悔】転職で年収が下がる人はどのくらい?年収よりもやりがいが大切?

現職への不満やキャリアチェンジなど、転職をする理由は人それぞれです。

転職すると決めて、いざ転職活動を始めてみると年収が下がってしまい、本当に転職すべきなのか、迷うこともあります。

この記事では、転職をして年収が下がってしまう原因や年収を下げずに転職するポイントについて、解説します。

転職で年収が下がる人はどのくらいいる?

厚生労働省が2015年に行った調査によると、転職して年収が下がったとされる方の割合は36.1%、反対に上がったと答えている方は40.4%となっています。

性別で見ると、男性が37.3%。女性が34.5%となっており、わずかですが、男性の方が転職によって年収が下がる方が多くなっています。

年代では、40代以降に転職された方の年収が下がる割合が高く、20代・30代の若い世代の年収が上がりやすい傾向があります。

これは、元々の収入が若い世代は高くないためということもありますが、年代が若い方が転職しやすく、40代以降は専門性が高いスキルや経験などを持っていないと、前職以上の年収を得るのが難しいということが考えられるでしょう。

転職で年収が下がる原因

転職で年収が下がる原因として、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

未経験の仕事に転職した

企業によって、社風は様々です。
年功序列の風潮が強い企業もあれば、年次にとらわれず、活発な意見交換ができる企業もあります。

社風が自分の性格や仕事に対する考え方と合わないと、仮に自分が希望していた仕事であっても、ストレスを感じることがあるでしょう。
自分に合う社風の企業へ転職することが目的の場合、その目的が達成できれば、年収が下がることは大きな問題にはならないでしょう。

やりがいやスキルを身につけられる

収入が良ければ、やりがいは気にしない方もいるかもしれませんが、やりがいを重視される方や自身の成長のために、スキルを身に付けられる環境を重視される方もいるでしょう。

20代の場合はスキルも大切

20代の場合は、やりがいとともにスキルも大切です。

スキルを身に付けることで昇進や昇給、将来的に収入アップやキャリアアップが可能な転職ができる可能性も高まるでしょう。

転職で年収が下がらないようにするためのポイント

転職で年収を上げようと考えていたのに、下がってしまう方もいます。
では、転職で年収を下げないためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

企業や業界の情報を調べておく

業界研究・企業研究を通して、転職先として考えている業界や企業の情報収集を行いましょう。

特に未経験の業界へ転職を検討している場合は、平均年収がどのくらいなのか、その業界の年収の相場が分からないでしょう。

転職先として考えていた企業が同業他社よりも、年収が低いこともあります。
業界の平均年収がどのくらいか、転職先の候補にしている企業の年収はどのくらいなのかなど、情報収集を入念に行いましょう。

自分のスキルを活かせる転職先を探す

これまでの仕事で得たスキルや経験を活かせる転職先を探すことで、年収を下げずに転職できる可能性が高くなるでしょう。

ただ、この際の注意点として、スキルは年齢によって、求められるレベルが異なります。

自身のスキルを転職に活かす場合、転職先が求めるレベルに達しているか確認をすることも大切です。

同じ業種や企業からの転職実例を確認する

同じ業種や勤められている企業から、どのような業種・企業へ転職した方がいるのか、
実例について確認することも大切です。

ご自身のキャリアに似ている方の実例は、自分自身の転職の可能性を確認するのに有効です。

転職の実例を確認しておくことで、転職の可能性だけでなく、収入アップが期待できる転職となるかどうかも、知ることができるでしょう。

転職の実例はこちらから

CareerTreeで自分の転職の可能性を確認しよう!

転職をするのであれば、キャリアアップができる・年収アップができる転職が理想ですが、転職理由によっては年収が下がっても成功と言える転職もあります。

ご紹介したように、収入より重視する点があるのであれば問題ありませんが、年収アップを目指した転職で逆に下がったということが起きないように、転職活動は情報収集を含め、入念に行いましょう。

CareerTreeに登録し、ご自身が求めている転職を実現しませんか。

CareerTreeには様々な業界・企業へ転職された方の最新の実例データがあります。

ご登録いただければ、全てのデータが閲覧可能となり、転職を考えられている業界や企業へのご自身の転職の可能性を知ることができるでしょう。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

転職で年収が下がる理由や、下がらないためのポイントについてご紹介しました。

労働環境を変えるための転職や希望の仕事に就くための転職、これらは年収が下がっても転職に成功したと言えますが、準備不足のために年収が下がる転職をしてしまうのは避けた方が良いです。

転職前の情報収集は、満足のいく転職をするために大切なことです。

転職活動に不安を感じている場合、CareerTreeのサービスをご活用ください。
実例データを基に、あなたの転職活動をサポートいたします。

転職活動の第一歩として、まずはご登録を。

  1. 千葉銀行ロゴ

    千葉銀行(ちばぎん)の年収は地銀の中で低い?職種・役職・年代別…

  2. ユニクロ(UNIQLO)から転職でどんな企業に転職した?年収変化につ…

  3. 森ビルの年収はディベロッパーの中では低い?職種・役職・年代別の…

  4. sojitz

    双日の年収は総合商社の中では低い?職種・役職・年代別の年収も解…

  5. bridgestone

    ブリヂストンの年収は?職種・役職・年代別の年収も解説!

カテゴリー