転職面接対策のやり方とは?オンライン面接の対策についても解説!

転職の際には、様々な面接対策が必要です。
面接内の質問への解答だけではなく、服装や入退室のマナー等、万全の対策をすることが大切です。

新型コロナウイルスの影響により、対面で行う面接だけでなく、オンラインでの面接を行う企業も増えているため、パソコンやネット環境の調整なども面接対策として必要になってきています。

本記事では、対面やオンライン面接の注意点やポイントについてご紹介します。

転職活動における面接対策の重要性

転職活動において、事前の面接対策は重要です。面接の出来次第によって、採用の結果が左右されるケースも多いです。
面接では、どのような点を注意すべきなのでしょうか。

転職活動では面接がほとんどある

転職活動で面接が行われないことは、ほとんどありません。
このため、入念な対策が必要です。

面接を行う理由は、履歴書や職務経歴書の内容の確認とともに、応募者がどのような人物か面接官が見極めるためです。
経歴が申し分なくても、自社の企業の社風やビジョンに適さない人物と面接官に判断されると、採用される可能性は低くなります。

面接官に自社に合う人材と判断されるためにも、志望企業やその業界の研究を行い、対策を練ることが大切です。

企業によって質問や流れが異なる

一般的な面接では、

自己紹介→転職理由→志望動機→これまでの経験やスキル→業務内容や条件面の確認→逆質問

上記のような流れで行われますが、企業によって流れが異なる場合や、変則的な質問をされることもあります。
質問の中には、自社や業界への知識に関する質問もあり、応募者の熱意や意欲について確認されることもあるでしょう。

変則的な質問に対応するためにも、事前に志望企業の研究を行うことが重要です。

面接対策の基本

面接対策は、質問への回答だけではありません。服装やマナーなど、対策をするべきことはたくさんあります。
ここでは、対面での面接の基本について説明します。

入退室の流れを確認する

実際の面接では、緊張をするケースが多いため、事前に入念な対策をしておく必要があります。
入室から退室までの流れについて、確認しましょう。

入室する際、ノックを3回し入室の許可を待ちます。
許可を得たら「失礼します」と断りを入れて入室し、体を向き直して閉め、面接官に一礼します。

用意されている席の横に移動し、許可を得てから着席します。

「本日はよろしくお願いいたします」
と挨拶してから着席しましょう。
カバンなどは席の横に置き、スマートフォンは建物に入る前に電源を切ります。

面接終了後、
「本日はお時間をいただき、ありがとうございました」
と、お礼を伝え、退室前に「失礼します」と一礼し、ドアを閉めます。

服装や身だしなみを整える

服装や身だしなみを整えるのは社会人の常識であり、基本的なマナーです。
これらが出来ていないと、面接官の印象は悪くなるため、注意が必要です。

服装は、男性はスーツ、女性はジャケットにスカートかパンツのどちらかにしましょう。

暗めのトーンのスーツは、面接官に落ち着いた印象を与えることができます。
転職面接では、リクルートスーツは頼りない印象を与えるため避けましょう。

また、前髪は目にかからないようにし、女性の場合、髪が長い場合は束ねるようにしましょう。

自分のキャリアを明確にしておく

転職の面接では、キャリアについての質問をされる場合があります。
これは、 会社の方向性とミスマッチがないか キャリアに向けて努力できる・自発的に動ける人間か等を確認するためです。

キャリアに対する考えが曖昧な人材を率先して採用する企業は少ないでしょう。

志望企業が、自分のキャリアに必要であることを明確にし、伝えられるように対策しておきましょう。

志望先の過去の質問を調査する

転職面接の質問は、一般的な質問だけでなく、企業独自の質問もあります。

明確な回答が出来なければ、面接官の印象は良くならないため、志望企業の過去の質問を調べることが大切です。

過去の質問などは、転職サイトや転職エージェントで情報収集すると良いでしょう。

事前に多くの人と練習する

実際の面接を想定した練習を可能であれば、複数の人と行いましょう。
複数の人と練習をすることで、見落としていた注意点に気付くことができる場合もあります。

自分では、問題ないと感じている部分でも、客観的に見た場合に問題点がある可能性もあります。

サービス登録画像

オンライン面接で失敗しないための対策

新型コロナウイルスの影響もあり、従来の訪問面接からオンライン面接に移行している企業が増えているため、オンラインでの対策も行っておくと良いでしょう。

当日に面接を行う場所の確認

オンライン面接は、主に自宅で行いますが、背景は白い壁がベストです。
事前に映る範囲を確認し、ポスターなどが貼られているのであれば面接の間は外し、生活感が出ないようにしましょう。

使用機材は、カメラ付きのパソコンが最適ですが、パソコンがない場合はスマホやタブレットを使用し、ブレないよう固定できる道具を用意しましょう。

また、ネット環境にも注意が必要です。
事前に通信環境が安定しているのか、細かく確認しましょう。

画面の明るさ等の調整

周りの人に協力してもらい、実際のオンライン面接で使用する状態で映り具合を確認し、調整を行いましょう。
オンラインと実際に会うのでは、印象が異なります。
使用機材の明るさの設定が暗めだと、面接官にも暗い印象を与えてしまう可能性があるため、注意が必要です。

また、カメラの位置と画面上の面接官の位置から、目線が安定せず落ち着きがないような印象を持たれるリスクもあります。
明るさとともに、カメラの高さ等の確認も必要です。

万が一のトラブルへの準備

オンライン面接の場合、ネット接続や機器の不具合で予期せぬトラブルが発生する可能性があります。

Wi-Fi接続の不具合や使用するパソコンの不具合など、トラブルが起きた際にどのような対応を行うのか確認しておくようにしましょう。

使用しているパソコンによるトラブルが起きた場合は、別にスマートフォンやタブレットに面接で使用するアプリをインストールしておき、使用機材を切り替えて面接に戻ることができるような準備をしておきましょう。

あくまでも万が一への対応ではありますが、トラブルが起きた際のスムーズな対応を評価される可能性もあるでしょう。

声のトーンや表情の確認

画面越しでは、顔を確認することはできますが、モニターの角度によっては表情が確認しづらい、声が聞き取りづらい場合があります。
対面で話すときより発音を意識し、大きめの声で話すなど、事前の練習で確認しておくことが大切です。

転職活動における面接対策のポイント

転職活動における面接対策をする中で重要なポイントは、何なのでしょうか。

志望先の過去の面接内容を研究する

面接対策の際には、志望する企業で、過去にどのような面接がされているのか、情報収集し、研究することが重要です。

同じ質問がされるとは限りませんが、質問の傾向が分かると、対策が立てやすくなります。
面接対策にやりすぎはないため、情報収集を入念に行いましょう。

緊張する場面を想定した練習をする

実際の面接では、予想以上に緊張するケースは珍しくありません。

オンライン面接だと自宅で行うことが多く、対面よりもリラックスして行うことができますが、それでも緊張はしてしまう場合もあります。
事前の練習において、緊張する場面を作って行うことも有効です。

職務経歴書や履歴書の内容を確認しておく

面接官は、事前に送付された職務経歴書や履歴書に記載されている内容と面接の回答が、一致しているのかどうかも確認します。

質問に対して良い解答を言うことができたとしても、職務経歴書や履歴書の内容と一致していないと、一貫性に疑問を持たれる可能性があるでしょう。

事前に送付した職務経歴書や履歴書の内容と、面接での回答に一貫性を持たせることができるように、作成した書類の内容を細かく確認しましょう。

Career Treeで自分の転職の可能性を確認しよう!

面接対策において、志望する企業の面接でどのような質問がされるのか、情報収集を行う事が採用の結果に繋がると考えても良いでしょう。
また、志望企業が重視するポイントを考慮した回答をする事ができれば、面接官に好印象を与えることができます。

しかし、面接に関する情報が公開されていない企業もあります。このような企業の情報収集は、個人では難しい場合もあるでしょう。
万全を期して面接に挑みたいとお考えであれば、Career Treeにご相談ください。

Career Treeには転職に必要な様々な情報が用意されています。
志望する企業の面接でどのような質問がされているのか、過去に転職をされた方の実例データを基に、転職サイトにはない詳細の情報をご確認いただけます。

ご登録いただければ、全ての実例データが閲覧可能となります。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

転職面接の対策についてご紹介しました。
これまでの訪問面接からオンライン面接に移行している企業も増えてきており、服装や身だしなみだけではなく、使用機材やネット環境など注意すべき点が増えています。
本記事でご紹介したポイントを基に、志望企業に適した面接対策を行っていただければ幸いです。

企業研究のための情報収集・面接対策に不安を感じられているのであれば、Career Treeにご相談ください。
登録は無料です。

Career Treeが、あなたの転職活動のサポートを行います。
キャリアアップのためにもぜひ、ご登録を。

  1. 日本M&Aセンターの平均年収は高い?役職別の年収や社風につい…

  2. mitsuifudosan

    三井不動産の平均年収は高い?役職別の年収や社風についてもご紹介!

  3. ダイキンの平均年収は低い?子会社の年収や役職別の年収もご紹介

  4. 清水建設の平均年収をご紹介!職種や役職別の年収、社風についても…

  5. 鹿島建設の平均年収は高い?役職別の年収や社風についてもご紹介!

カテゴリー