20代が転職をする際のポイント!うまくいかない人の特徴とは?

20代の方で、転職をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、転職が成功するのか不安で行動に移せない場合もあるでしょう。
もし、20代で転職を考えているのであれば、20代の強みを活かした転職活動を行うことが大切です。
本記事では、20代の転職のポイントや注意点についてご紹介します。

コロナで20代の転職に影響が出ている?

転職は、経済情勢だけではなく、社会情勢の影響もあります。特に現在は新型コロナウイルスによって、様々な影響が出ています。

企業のイメージが湧きづらくなった

コロナの影響により、面接形態が、企業に訪問して対面で行うものではなく、オンラインによる面接に切り替えられた企業が多くあります。
オンライン面接は交通費がかからずに済み、スケジュール調整がしやすいメリットがありますが、新しい形式の面接であるため、転職者や企業とも慣れておらず、コミュニケーションが取りづらいというケースもあります。

その他にも、企業に訪問して対面で行う場合に感じることができる志望企業の雰囲気は、オンラインでは感じにくく、イメージがしづらい・掴みにくいという点もデメリットでしょう。

求人の内容が変化した

コロナの流行によって人の動きが制限・抑制されたことで、多くの企業の業績に影響を与えています。

業績の悪化などで本来であれば、募集が行われていた求人が少なくなるケースが増えています。

逆に出社をしなくても、業務が可能なテレワークの求人が増えたケースもあり、希望職種・業種によってコロナの影響が両極端に出ている場合もあります。

転職を20代でする利点とは

時代とともに働き方が変化したこともあり、20代のうちに転職することに利点が生まれるようになりました。
20代の転職の利点は、具体的に何があるのでしょうか。

将来性が評価される場合もある

20代の転職者を積極的に採用している企業は現状のスキルや能力よりも、将来性に重点を置いた採用を行っているケースが多いでしょう。
20代であれば、転職先の新しい社風にも馴染みやすく、前職で一定のビジネスマナーを学んでいると考えられるため、教育にかかる費用も抑えることが可能であると期待されます。

未経験での転職がしやすい傾向にある

転職者に同じ業界・職種の経験を求める企業がある一方で、未経験者の採用を積極的に行っている企業もあります。
未経験者を採用する企業の採用基準は、意欲と若さを重視する傾向があります。

未経験の職種・業種への転職は新しい環境だけでなく、経験のない仕事に慣れることから始まるため、意欲と体力がないと長続きしにくいと考えられる場合があります。

意欲・体力には個人差がありますが、若い年代の方が高いと考えるのが一般的であり、20代という若い年代が、未経験の業種への転職に有利になると考えても良いでしょう。

サービス登録画像

転職がうまくいかない20代の特徴

20代は、将来性などを武器に転職活動を行うことは可能ですが、常にうまくいく訳ではありません。
20代の方で、転職がうまくいかない方には、どのような特徴があるのでしょうか。

若い人材に裁量権が少ない企業を選択している

可能であれば、志望企業の社員構成を確認しましょう。
そもそも若い世代に対して、あまり良い印象を持っていない企業や、若いうちは昇進しづらい、裁量権が少ないなどの特徴がある場合は、注意が必要です。

20代で転職したのにも関わらず、やりがいのある仕事を任されない、正しい評価がされないなどの場合は、モチベーションが上がらなかったり、後悔したりする可能性が高くなるでしょう。
転職前に、社員の年齢層や社風等を細かく確認しておくことが大切です。

経験者が優遇されやすい業種を選択している

未経験でも意欲を重視した採用を行う企業もあれば、経験者を優遇して採用を行う企業・業種もあります。

20代でも高い経験・スキルがある方はいますが、30代以降の経験者の方が経験・スキルに厚みがあることが多く、即戦力を求める企業への転職では不利になることがあります。

志望企業・業種の中途採用者の採用基準を確認し、重視している点を確認しましょう。

面接の対策が不十分である

応募書類の履歴書・職務経歴書の内容が求める人材とマッチしていた場合でも、面接での印象が悪い場合は、採用されづらくなるでしょう。
面接は質問への回答以外にも身だしなみや立ち居振る舞いも確認されます。

■ 質問の意図を理解できた回答か。
■ 自社の事業内容を理解しているか。
■ 社風に合う人材か。
■ 身だしなみや立ち居振る舞いから社会人としての常識・マナーがあるのか。

など、面接官は様々な点を確認します。

面接で良い印象を与えるためには、志望企業の企業研究を入念に行った面接対策が重要です。

長期的なキャリアを考えられていない

入社後のキャリアについて考えることも重要です。
企業は長期間の在籍が期待できる人材を求めるため、面接で数年後の自分の姿について質問をされることがあります。

入社後のキャリアを持っていた場合でも、短期間でできるものや同業他社でも通用する内容では、面接官の印象に残ることはできません。

志望企業の業種や社風を考慮し、最適なキャリアを考えることが大切です。

20代で転職を成功させるためのポイント

20代の転職の利点と転職がうまくいかない方の特徴を説明しましたが、20代の転職を成功させるためのポイントは何なのでしょうか。

自分のスキルに合わせた転職を考える

転職を成功させるためには、現在の自分の能力・スキルに合う企業を選ぶことが大切です。

20代の転職は、20代前半までは意欲と将来性、20代後半では、スキルや経験も求められます。

企業は、入社後に経験を積ませて育成することを念頭に置いた採用を行っています。このため、入社後に活かせるスキルを持っている場合、育成に時間と費用をかけずに済み、採用の可能性が高まります。

活かせるスキルがない場合は、未経験者の採用を積極的に行っている企業への転職活動を行うことも有効です。

転職後のキャリアを伝えられるようにする

転職をする際には、キャリアを考えるのは大切です。

「入社してからどのようになりたいかを考える」のような考えを持っている人材を採用したいと考える企業は、ほとんどないでしょう。
入社後のキャリアについて具体的に伝えることで、面接官に好印象を与えることができます。

このためには、企業研究を入念に行い、志望企業への理解を深めることが大切です。

転職に詳しいサイトを活用する

転職活動をより効率的に行うためには、自分にとって最適な企業を見つけるためにも、転職サイトを活用した転職活動を行うと良いでしょう。
転職サイトは、多くの企業の採用情報を掲載しており、各企業のホームページを確認するよりも、効率的に情報収集することができます。

転職活動に不安を感じるのであれば、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

本記事をご紹介しているCareer Treeでは、転職を成功された方の実例データを基に転職活動をサポートしています。
転職エージェントごとに特徴を考え、ご自身に合う転職エージェント選びをしましょう。

Career Treeで自分の転職の可能性を確認しよう!

転職はリスクがありますが、キャリアアップや収入アップのチャンスでもあります。
20代での転職は、経験やスキルなどの面で不安を感じる方もいるかもしれませんが、20代であることは「将来性がある」などと捉えられ、転職での大きな利点となる可能性もあります。

利点を活かすためには、入念な準備をして転職活動を行う必要があります。
志望企業の情報収集を詳細に行うことで、転職を成功に導くことができるでしょう。

最適な転職を行うためのサポートをCareer Treeが行います。

Career Treeには様々な企業の転職に関する情報があり、実際に転職を成功された方の実例データを基に転職活動に必要なサポート・アドバイスを行います。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

20代で転職を行う際のポイントを紹介しました。

20代は経験やスキルに自信がない場合でも、将来性を武器にした転職活動を行うことができる年代です。
ただ、将来性だけを武器にするのではなく、意欲や積極性、キャリアプランなど、志望企業の企業研究を行い、最適なものをアピールすることでさらに転職の成功率は上がります。
本記事でご紹介した利点や注意点を確認していただき、転職活動の参考となれば幸いです。

万全を期した転職活動を行いたいとお考えであれば、Career Treeにご相談ください。
転職の不安を解消し、あなたのキャリアに最適な転職活動をサポートいたします。

  1. 日本M&Aセンターの平均年収は高い?役職別の年収や社風につい…

  2. mitsuifudosan

    三井不動産の平均年収は高い?役職別の年収や社風についてもご紹介!

  3. ダイキンの平均年収は低い?子会社の年収や役職別の年収もご紹介

  4. 清水建設の平均年収をご紹介!職種や役職別の年収、社風についても…

  5. 鹿島建設の平均年収は高い?役職別の年収や社風についてもご紹介!

カテゴリー