転職 失敗

転職で失敗ばかりしてしまう理由は?後悔しないために必要なこと

転職を考えている方で、失敗しない転職方法や転職で失敗しないために必要なことについて、知りたい方も多いのではないでしょうか。

実際に転職に失敗した経験のある方もいるでしょう。ただ、転職をする際のポイントや注意点等を理解することができれば、転職が成功する可能性を高めることになるでしょう。

本記事では、転職の失敗例を挙げつつ、成功するために必要なことを解説します。

転職失敗を実感するケース

転職活動において、どのような局面で失敗を実感するのでしょうか。
3つのケースと対処法について、ご紹介します。

給与や待遇等の条件面での相違がある

転職活動の際に、給与や待遇等の確認に漏れがあった場合に遭遇する失敗です。
転職時に確認しておきたい項目は以下の通りです。

■ 給与/賞与
■ 時間外手当
■ 諸手当
■ 業務内容
■ 勤務形態

給与と時間外手当は、みなし残業となっている場合があるため、合わせて確認する必要があります。
諸手当や勤務形態も相違が起こりやすいポイントであるため、細かく確認し、理解しておきましょう。

職場の環境や社風が合わない

社風や職場環境は、面接だけで見分けるのが難しいため、初めての転職では失敗してしまう場合もあるでしょう。
社風や職場環境の相違を防ぐためには、事前の情報収集が重要なポイントになります。
情報収集の方法として、

■ 転職エージェント
■ 企業のSNSやブログ

上記の2つが有効な情報源となるでしょう。
転職エージェントによっては、社内の雰囲気や社風など細かい情報を知ることができるでしょう。
SNSやブログでは、社内の雰囲気や考え方について知ることができる場合もあるため、情報源として活用すると良いでしょう。

仕事内容がイメージと違う

可能です。
自社の業務内容をこまめに発信している企業もあるため、企業について調査を行う中で仕事内容についてもチェックするようにしましょう。

サービス登録画像

転職を失敗ばかりしてしまう理由は?

転職を複数回してみたが、成功できないという方は、以下の3つのポイントを見直してみてましょう。

転職先についてのリサーチ不足

先述の通り、転職活動には入念なリサーチが必要です。

転職面接をする前に、転職先の企業が過去にどのような内容を聞いているのか、求める人材は何なのか等をリサーチすることで、良い結果を望むことができるでしょう。

リサーチ不足では、仮に転職が出来たとしてもミスマッチが起こる可能性があります。
SNSやブログでも十分な情報を得ることは可能ですが、上場している会社では、有価証券報告書が掲示されているため、確認することも有効でしょう。

会社内の状況や、社員の平均年齢、離職率、財務関連の内容まで細かく経営状況を把握することが可能です。

転職の目的が抽象的

思いつきで転職を進めてしまうと、失敗する確率が高くなってしまうでしょう。

転職活動を始める前に、なぜ転職したいのか、転職してどのようになりたいのか、自分は何ができるのか等を考えましょう。
自分と向き合う過程で、転職することに魅力を感じない場合は、現状のままの方が良い場合もあるでしょう。

ネガティブな理由のみでの転職

転職理由として、給料が安い、残業が多すぎるなどネガティブな理由で転職せざるを得ない場合もあるでしょう。
ただ、ネガティブな理由だけで転職活動を進めると、転職理由を伝える際に良い印象を与えることが難しくなってしまいます。

動機はネガティブでも、新しい環境へ身を置くにあたっての前向きな気持ちを表現できるようにしましょう。

転職を失敗したと感じたらどうするべき?

転職活動は、できるだけ失敗をしないことが理想ですが、万が一、失敗してしまった後の対処も大切です。
転職活動に失敗してしまった際にどのようにするべきなのか、解説します。

転職をした理由を振り返る

転職しようと考えた理由を改めて思い返し、 決断に間違いがなかったか、振り返ってみましょう。
よく考えてみると動機が衝動的だったり、深く考えずに安易な行動をしていたりと、後々気づくことがあるかもしれません。
また次に転職する際に、同じ失敗はしないように気をつけましょう。
深く検証すると自己嫌悪に陥ってしまい、悪循環となることもあるため、深く考えすぎないことも大切です。

初めは理想とのずれがあることを理解する

入社してすぐの時期は、転職に失敗したと考えてしまう場合もあるでしょう。
心に負荷がかかる場合もあり、ついネガティブな感情に支配されてしまうこともあるかもしれません。
初めは環境に慣れない上に、新しい仕事や人に囲まれるため、心に負荷がかかるかもしれませんが、時間が解決することも多いでしょう。

半年程度たって落ち着いて考えた際に、失敗と言い切れる場合は転職に失敗したと言えるかもしれませんが、半年も経っていないのであれば、もう少し頑張ってみることも必要でしょう。

なぜ失敗したのか原因を整理する

転職に失敗した場合、何故失敗してしまったのか、原因を整理する必要があるでしょう。
検証するためには、転職に失敗した理由を客観的に考えることが大切です。

社風が合わない、残業が多い、給料が少ないなど様々な要因があるかもしれませんが、原因を追求する中で、企業についてのリサーチ不足など、転職活動に足りなかったものが見えてくる可能性もあるでしょう。

状況次第では、再度転職するケースがあるかもしれませんが、失敗した原因を次の転職活動に活かすことが大切です。

出戻り転職が有効なケースとは?

厳密には転職とは言えないかもしれませんが、前の会社へ出戻り転職する方法もあります。
退職した理由次第では、出戻りが受け入れられませんが、戻った方が良いと判断した場合、試してみる価値はあるでしょう。
出戻り転職は、どのような場合に有効なのでしょうか。

人間関係が良好だった

その場にいた時は気づかなくても、辞めてみると良かった点に気付く場合もあるでしょう。
前の職場の人間関係が良好で働きやすかったと感じた場合、出戻りできるのか確認すると良いでしょう。

実績や役職があった

退職前に社内での実績や役職に就いていた場合も、出戻りが有効に働く場合があります。

社内の状況次第ですが、人材が足りていない場合等、受け入れてもらえる可能性もあります。
この場合に関しても、以前に円満に会社を辞めていることが必要になるでしょう。

社内事情が変化している場合もある

出戻りを試みようとして上手くいかない場合、社内の状況が変わっている可能性もあるでしょう。
出戻り転職を試みる場合、以前の同僚や知人がいる場合には、話をしておくのも良いでしょう。

サービス登録画像

転職後に後悔しないために必要なこと

転職後に後悔しないために、必要なことについて、ご紹介します。

転職先を選んだ理由を明確にする

この会社に転職しようと心を決める際には、強い理由がある場合がほとんどではないでしょうか。
この会社に決めた理由を聞かれた際に、明確に回答できるようにしておきましょう。

会社の強みや理念をさらに掘り上げて解釈を深めることで、面接の問答の時に大いに役立つでしょう。

転職先の企業について詳しく調査する

転職をする際には、志望している企業について、より深く調べておきましょう
発信されているあらゆる情報を網羅的に調査し、重要なポイントを元に会社への理解を深めていくことで、志望動機や面接の応答が質の高いものになるでしょう。

転職で必要な情報を収集し対策をする

志望している企業に関する情報を調査することは大前提ですが、これだけでなく、面接についての対策等も行っておきましょう。
面接時には、企業ごとに質問内容が異なり、対策しておく必要があるでしょう。また、面接だけでなく、職務経歴書や履歴書の書き方のコツやポイントを事前に行うことが望ましいです。

企業調査だけでなく、あらゆる準備をしておくことが大切です。

Career Treeで自分の転職の可能性を確認しよう!

転職で失敗しないためには、事前の入念な調査や、自己分析が必要になります。
多角的に自己分析や会社分析を行うことで、転職活動を有利に進めていくことが可能になるでしょう。

Career Treeでは、実際に転職をした方のデータを活用し、サポートすることが可能です。
自分の経歴では、どの会社のどの職種に転職できるのかわからない、という疑問に対して、過去のデータベースを元に可能性を導き出します。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

転職先の企業の調査、分析は必須で、どの程度まで深く分析できるかが重要になるでしょう。
企業について詳しく調査、分析することで伝わりやすい志望動機を書くことができ、面接時により具体的な話を進めることが可能になるでしょう。

転職先の調査と同様に、自己分析も忘れないようにしましょう。
自分が何をできるのかを確実に伝えるために、今までの自分の経歴と、転職先でどのような貢献ができるのか、具体的に伝える必要があります。

汎用性が高いスキルがない場合、状況に応じて転職活動の前に習得しておくことも有効でしょう。
Career Treeでは、自分の今の経歴やスキルで、希望の企業へ転職できるのか、過去の実際のデータを元に確認することが可能です。

無駄のない転職活動を実現するために、Career Treeがサポートいたします。
調査と自己分析で、効率的な転職活動を進めましょう。

  1. 千葉銀行ロゴ

    千葉銀行(ちばぎん)の年収は地銀の中で低い?職種・役職・年代別…

  2. ユニクロ(UNIQLO)から転職でどんな企業に転職した?年収変化につ…

  3. 森ビルの年収はディベロッパーの中では低い?職種・役職・年代別の…

  4. sojitz

    双日の年収は総合商社の中では低い?職種・役職・年代別の年収も解…

  5. bridgestone

    ブリヂストンの年収は?職種・役職・年代別の年収も解説!

カテゴリー