楽天ロゴ

楽天の年収はいくら?給与制度や福利厚生・強み・特徴についても解説!

ネット通販サイトにクレジットカード、野球チーム、スマホサービス、旅行予約サイト…。
このような幅広い事業を手がける会社と聞いて、すぐにピンとくる人も多いのではないでしょうか。そう、「楽天株式会社」です。

この記事では、楽天の年収や福利厚生、強みや特徴について解説しています。また、楽天への転職に必要となる、効率的な情報収集方法についても紹介していますので、参考にしてみてください。

楽天の平均年収

まずは、楽天の平均年収について見てみましょう。有価証券報告書によると、2019年度の平均年収は「755万円」となっています。

この数字は、日本においても比較的高い年収であると言えます。具体的に見てみると、国税庁の最新データによると、日本における正規雇用の人の平均年収は2018年度で「441万円」となっています。また、転職サイト「doda」のデータによると、2019年度のIT/通信業の平均年収は「446万円」となっています。

日本全体の正規雇用の平均年収と比べても、IT/通信業の平均年収と比べても、楽天の年収は300万円以上も高額であるということです。

楽天の職種・役職・年代別の平均年収

次は、楽天の職種・役職・年代別にその平均年収を見てみましょう。ここでは、「OpenWork」を参考に、実際に楽天での勤務経験がある人のデータをもとに、職種・役職・年代別で平均年収を算出しています。

職種別の年収

まずは、職種別の年収について見てみましょう。ここでは、楽天に勤務経験のある人からOpenWorkへ投稿された職種ごとの平均年収の目安を紹介します。

職種 平均年収
総合職 750〜850万円
専門職 500〜600万円
技術職(エンジニア) 700〜800万円

表を見ると、総合職の年収がやや高いことがわかります。しかし、これはあくまで目安となります。後述する通り楽天では個人の能力や責任範囲により給与が決定されるため、職種で年収が明確に異なるということはありません。

役職別の年収

楽天は、年功序列ではなく「役職と給料は連動しておらず、給料は格付けによって決まる」「職位とランクは紐づいておらず、ランクが低くてもマネージャー、あるいは高くても一般社員というケースが往々としてある」という声が見受けられます。他の投稿者の声を見ても、「役職別」の年収の記載は見当たりません。

先ほど少し触れた通り、楽天では役職ではなく個人の能力や責任の範囲によって年収が決定されます。個人の能力というのは、「ランク」によって分類されます。「ランク」の仕組みや給料の上がり方については、後ほど詳しく紹介しますので、参考にしてみてください。

年代別の年収

先述の通り、楽天は年功序列ではなく完全な実力主義に基づいて年収が決定されます。つまり、同じ年齢であったとしても年収が大きく異なるケースもあるのです。ここでは、OpenWorkを基に、あくまで目安としてですが、勤続年数に応じた年収の例を紹介します。

なお、「初任給」は転職者に提示される賃金の最低額で、40時間分の固定残業代が含まれています。

勤続年数 年収目安
(初任給は月収を記載)
初任給(月収) 月給 301,000円
勤続3年未満 営業:360万円
営業:500万円
事務職:670万円
勤続3〜5年 ECコンサル:850万円
企画:540万円
マーケティング:500万円
勤続5〜10年 マーケティング:610万円
マーケティング:690万円
営業:1,020万円
勤続10年以上 マーケティング:810万円
エンジニア:1,250万円

実力主義ということもあり、やはり同じ勤続年数レンジにあっても年収が大きく異なることがわかります。

楽天と競合他社の年収比較

ここでは、ECサイト運営事業者として、楽天と競合他社のAmazon・Yahooとの年収を比較してみましょう。

3社の平均年収は、以下の表のようになっています。

企業名 平均年収
楽天 755万円
Amazon 857万円
Yahoo 765万円

外資企業であるAmazonは、やや平均年収が高いことがわかりますが、Yhaoo、楽天にはあまり大きな差がないということが見て取れます。後ほど詳しく紹介しますが、楽天の豊富で充実した福利厚生を見ると、平均年収がやや低くともこの程度の差であれば、満足感ではあまり変わらないと感じる人も多いのではないでしょうか。

楽天の給与制度について

次は、楽天の給与制度について見てみましょう。楽天での給料は、年功序列ではなく実力主義に基づいて決定されます。

6段階のランクで決まる

楽天での基本給は、「社員グレード」と呼ばれる6段階のランクで評価に応じて決まります。グレードは、社内で決められた「何ができるか」というコンピテンシー評価と「何を成し遂げるか」という実績評価の掛け合わせによって決定されます。昇進してグレードが上がると、基本給も上がるということです。

評価は半年に1回の上司との対話および自己評価、部署での評価により決定されるため、「納得感がある」という声が多く見受けられました。また、楽天市場の営業部門などでは、基本給とボーナスの他に、インセンティブ制度も用意されているようです。

完全な実力主義

楽天は日系企業でありながら、完全な実力主義によって年収が決定されることが特徴的です。先述の通り、基本給はコンピテンシー評価と実績評価で決められ、年次によって昇給していくというわけではありません。

成果を出せばすぐに給料は上がるものの、そうでなければいつまで経っても昇進することはできません。社内での競争が激しいため、緊張感を持って、切磋琢磨しながら働きたいという人にはぴったりの環境です。

楽天のボーナスや福利厚生制度について

先ほど少し触れた通り、楽天には非常に充実した福利厚生制度があります。ここでは、楽天のボーナスや福利厚生制度について紹介します。

ボーナスはどのくらい?

楽天で勤務経験のある人の声をまとめると、ボーナスは「年に2回、部署の業績および個人の評価に応じて支払われる」ということがわかりました。

部署の業績と個人の評価、両方を加味して決定されるため、業績の良い部署のボーナスは高額で、そうでない部署のボーナスは低いということも往々にしてあるようです。ボーナスを少しでも多くもらうには、個人の働きを評価してもらうことに加え、業績の上がっている部署に配属されることも重要ということです。

福利厚生制度の種類

ここでは、楽天の福利厚生制度について紹介します。楽天で利用できる豊富な福利厚生のうち、特に代表的なものをいくつか取り上げまとめました。

福利厚生制度 内容
カフェテリア カフェテリア(社員食堂)では、朝食・昼食・夕食全てが無料で提供されています。
フィットネスジム 格安で、社内に設置された専用ジム「Rakuten Fitness Club &Spa」が利用できます。
ヘアサロン 社内の「Rakuten Hair Salon」では、青山のヘアサロンから美容師が派遣され、いつでもヘアケアを行えます。
母親のための施設 社内に託児所やマザーズルーム(搾乳室)が設置されています。病児ベビーシッター法人との契約も可能です。

1日3食を無料で食べられるカフェテリアをはじめとして、ジムやヘアサロンなど、社内で生活を完結させられるほど充実した設備が取り揃えられています。上記以外にも、クリーニングサービスやクリニック、薬局なども構内にあり、社員であれば誰でも利用することができます。

また、子供がいる社員のための託児所や搾乳室なども整備されており、女性も長く働きやすい環境が整っています。

楽天の強みや特徴

充実した福利厚生が魅力的な楽天ですが、企業としての特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。次は、楽天の強み・特徴について紹介します。

仕事量は多い

はじめに、楽天で働く場合には、ある程度の仕事の多さを覚悟しておく必要があります。例えば、営業経験者の声では「終わりが見えにくく、やればやるほど業務量が増える」、エンジニアの声では「24時間365日サービスを提供しているため、トラブルやメンテナンスで突発対応をすることがある」と言うものが見受けられました。

ただし、働き方改革の影響もあり、原則として残業時間は月に45時間以下に抑えるように配慮されています。昔ながらの日系企業のように、「長く働けば働くほど偉い」というのではなく「いかに短い時間で効率的に成果を出すか」が重視されているようです。

楽天出身の起業家が多い

楽天といえば、多くの起業家を排出している会社というイメージを持つ人もいるかもしれません。

実は、楽天の創業者三木谷社長は「アントレプレナーシップ(=起業家精神)」を非常に重視しています。三木谷社長の「起業こそがビジネスにおける究極の贅沢だ」「ビジネスマンにとって、自分のパフォーマンスを最大限に発揮できる場所で働くことが幸せだ」という考えのもと、一から新しい事業を立ち上げるという風土が醸成されています。

GREEの田中社長やビズリーチの南社長も楽天出身の起業家として有名です。

楽天に転職するには?

実力次第でハイスピードで昇進可能な環境に、3食無料のカフェテリアと、やる気のある人には非常に魅力的な楽天です。ここでは、楽天に転職を希望する人が知っておきたい特徴やコツについて紹介します。

未経験者の募集は少ない

楽天の転職の特徴のひとつに、未経験者の募集が少ないということが挙げられます。楽天の転職は希望するポジションごとに応募する形をとっており、ポジションによって応募資格が異なります。

ただし、どのポジションにおいても、「そのポジションにおける一定期間の職務経験」が求められます。例として、情報技術部門における「プロジェクトマネージャー」の募集要項を見てみましょう。

■ 情報技術部門におけるプロジェクトマネージャーとしての実績ある実務経験
■ クエリ作成の経験
■ 顧客および社内に対する優れたコミュニケーションスキル
■ 文書および口頭による優れたコミュニケーションスキル
■ マルチタスクを含む強固な組織スキル
■ 問題解決、戦略的思考、仮説的思考
■ グリット(「決してあきらめない」というマインド)

「実績ある実務経験」が求められていることがわかります。他のポジションの募集要項を見てみても、同じように実務経験が求められています。

ある程度の学歴や英語力が求められる

上述の通り、楽天へ転職するには、多くの場合当該ポジションでの職務経験が求められます。しかし、職務経験だけで応募できるわけではありません。

楽天では職務経験に加え、大学もしくは大学院卒以上相当の学歴と一定以上の英語力が必要となります。特に英語に関しては高いレベルが求められ、転職サイト「doda」によると、部署にもよりますが、目安としてTOEIC800点以上が要求されます

例えば、上述の情報技術部門における「プロジェクトマネージャー」の応募には、上に記載の条件に加えて、流暢な英語と日本語の能力も必要と記載されています。

楽天は、「社内の公用語が英語」という企業です。どの部署で働くにせよ、業務に支障のないレベルの英語力が求められるということです。英語力によっては採用時の雇用形態にも影響あるということです。

楽天が求める人材像とは?

ここでは、楽天の公式HPから、どのような人物が求められているかについて見てみます。

楽天の採用ページでは、三木谷社長からのメッセージとして「『どうすれば達成できるか』を考え、そしてまた挑戦する。そこに、ビジネスの面白さがある」と大きく記載されています。その後に続けて、「ビジネスは最高のエンターテインメント、価値観を共有できる人と仕事がしたい」と語られています。

また、人事からのメッセージとして「新卒・中途を問わず、楽天が求めているのは『自分が活躍するフィールドを果てしなく広げたいと思っている人』です。そして、もうひとつ重要なのは、それを実現するための具体的な努力を自発的にできる『自走する人』であることです。」と記載されています。

ここまでみてきた通り、完全実力主義の楽天では、優秀であれば年齢に関係なくその才能を最大限に伸ばすことができます。新人でも担当役員の前でプレゼンする機会があったり、役員クラスの上司に対して現場状況の報告をしたりということも日常的に行われています。

このようなメッセージや社風を総合すると、楽天の求める人物像は「仕事を楽しみ、自己成長を続けられる人」と言えそうです。転職活動においては、「成長意欲の高さ」「仕事を楽しめる」ということを、具体的な言葉で示すことが大切になってくるでしょう。

Career Treeで自分の転職可能性を確認しよう!

転職難易度が高い楽天に転職したいと考えている人が、何よりもすべきなのは情報収集です。楽天への転職を成功させた人の実例を見ることで、今何をすべきか、ということが具体的に見えてくるでしょう。

楽天への転職の最新情報の収集には、Career Treeへの登録がおすすめです。Career Treeに登録することで、楽天への転職成功者のデータを閲覧できます。また、現在勤めている会社や自分の経歴から見た楽天への転職可能性についても知ることができます。

「転職を考えているけれど、どの企業を受ネット通販サイトにクレジットカード、野球チーム、スマホサービス、旅行予約サイト…。
このような幅広い事業を手がける会社と聞いて、すぐにピンとくる人も多いのではないでしょうか。そう、「楽天株式会社」です。

この記事では、楽天の年収や福利厚生、強みや特徴について解説しています。また、楽天への転職に必要となる、効率的な情報収集方法についても紹介していますので、参考にしてみてください。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

ここまで、楽天の年収や福利厚生、昇給制度などについて見てきました。

楽天は、完全な実力主義に3食無料のカフェテリア、十分すぎるネームバリューで転職先としてもとても人気の高い企業です。楽天への転職を成功させるには、まずは徹底した情報収集をすることが大切です。

楽天に転職を考えた場合には、まずはCareer Treeに登録して、最新の情報収集を行いましょう。Career Treeでは、楽天に転職を成功させた人の最新情報を得ることができます。

また、転職先で迷っている場合にも、Career Treeでは自分の勤め先からどのような企業・業界に転職した人が多いのかについて知ることができます。転職活動を始める第一歩として、まずは登録して周囲の情報を見てみてはいかがでしょうか。

本記事を参考に、楽天への転職活動を進めてみてください。