急成長中のRegrit Partnersの年収は大手ファームと比べて低い?社風についても解説

株式会社Regrit Partners(リグリットパートナーズ)は、外資系コンサルとSIerの出身者を中心に、2017年に設立されたコンサルティングファームです。

業務改革を中心とした “真のデジタルトランスフォーメーション(DX)”の支援を通じて、クライアントの事業競争力を強化していくことを強みとしています。

本記事では、Regrit Partnersの年収や福利厚生、社風などの様々な情報をご紹介。Regrit Partnersへの転職をお考えの方に向けた情報をお届けします。

Regrit Partnersの平均年収

OpenWorkによると、株式会社Regrit Partnersの平均年収は783万円です。

国税庁の令和元年民間給与実態統計調査によれば、国内の平均年収は436万円です。Regrit Partnersの平均年収はその約1.8倍の水準となっています。

年収が高い理由としては、Regrit Partnersの事業領域の幅広さや、年々規模を拡大している急成長ぶりなどが挙げられるでしょう。

Regrit Partnersの役職別の年収、競合ファームとの年収比較

Regrit Partnersの年収を役職別で比較して分析していきます。

年収データについては、Career Treeの独自取材によるものを使用しております。

Regrit Partnersの役職別年収

Regrit Partnersの役職には、アナリスト、コンサルタント、シニアコンサルタント、マネージャー、シニアマネージャー、ディレクターがあります。

主な役職別の平均年収は以下の通りです。

役職 平均年収
アナリスト(新卒中心) 420万円
コンサルタント 420~620万円
シニアコンサルタント 570~900万円
マネージャー 800~1,250万円
シニアマネージャー 1,300~1,500万円
ディレクター 1,700~2,500万円

上記の年収には、それぞれみなし残業代50時間分が含まれています。

表のように、役職が上がるごとに段階的に年収もアップします。マネージャークラスになると、年収が1,000万円を超える人もいるようです。

Regrit Partnersと競合ファームとの年収比較

Regrit Partnersの年収を競合コンサルと比較して見ていきます。今回は、同業大手のアクセンチュア、DTCと比較を行いました。

ここでは各社の有価証券報告書のデータを使用しています。

企業名 平均年収(万円)
Regrit Partners 757万円
アクセンチュア 850万円
デロイトトーマツ 830万円

Regrit Partnersの平均年収は、同業界のトップクラスには及ばないものの、高い水準であると言えます。

また、まだ創業4年目で、年々向上しています。

■関連記事
デロイトトーマツの年収は?コンサルティングファームと比較して解説!
アクセンチュアの年収は高い?職種・役職・年代別の年収や福利厚生・社風や特徴についても解説!

コンサルティング業界の転職実例をチェックする

Regrit Partnersの教育研修・キャリアパス制度

以下の各種教育・人事制度については、Career Treeの独自取材によるものを使用しております。

Regrit Partnersの教育研修制度

Regrit Partnersでは、OJTとOff-JTを組み合わせた教育研修を実施しています。

新卒含め社員の約27%がコンサルティングやIT/Techの未経験者ということもあり、手厚い社内トレーニングが特徴となっています。

特に、中途入社の場合は入社前のオンライントレーニングや、職位別研修、少人数/演習型研修など段階に応じて必要な研修が充実。

教育研修は3つのカテゴリに分かれており、それぞれビジネスにおける基礎的な知識から専門的な分野まで広く網羅しています。

Basic ドキュメンテーション、ファシリテーション、ロジカルシンキング、プロジェクトマネジメント、マインドセット、プレゼンテーション、リサーチ&ヒアリング、Excel演習など
Business オペレーション改革入門~中級~上級など
Tech ITリテラシー、プログラミング、ソリューション選定、RPA入門、SQL実践編など

また、Regrit Partnersでは上記に加え、これまで実施してきた基礎研修のe-Learning化やTraining Portalの立ち上げに取り組んでいます。

Regrit Partnersのキャリアパス

Regrit Partnersで目指せるキャリアパスは、大きく分けて下記の3通りです。

1)「コンサルタント」の道を突き詰める →「マネジメント型」と「エキスパート型」の2種類から選択可能
2) コンサルティング事業の「営業」や「採用責任者」を目指す
3)「別事業の責任者」を目指す

このように、Regrit Partnersではそれぞれのキャリアパスで、スタッフから管理職、役員に昇格するルートが用意されています。

Regrit Partnersの福利厚生と休暇制度

Regrit Partnersの福利厚生と休暇制度についてご紹介します。

休日・休暇 週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、有給休暇、設立記念日、育休・産休制度、時短勤務制度、フレックスタイム制
諸手当 交通費支給
保険・資産形成支援制度 社会保険完備(労働者災害補償保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険)、医療保険(会社負担)、ストックオプション制度
その他
Communicating Fee(ランチ会・懇親会などの費用補助)、イベント開催費補助、RP Clubs(部活動)、ML Camp(チーム合宿費補助)、永年勤続表彰制度、ピアボーナス制度、資格取得補助など

Regrit Partnersでは、上記のような福利厚生が充実しています。

フレックスタイム制や時短勤務制度など、それぞれのライフステージに合わせて働き方をカスタマイズできる制度が整っています。

また、ランチ補助や部活動制度など、社内でのコミュニケーションを促進するような制度が多く存在します。社員同士での関わりも重視しつつ、仲間と高めあいながら働きたい方に向いている環境と言えるでしょう。

Regrit Partnersは激務?激務度や社風について

Regrit Partnersの社風

Regrit Partnersの社風を考えるうえで、会社の考え方の根幹となるミッション、ビジョン、コアバリュー、ポリシーを見ていきましょう。

■ Mission:CxO Firm―1000人のCxOを輩出する企業となる
■ Vision:Change Your Drama―ヒトの成長と変革のキッカケとなる
■ Core Values:
・Be Strong―個の能力を徹底的に磨け
・Co-creation―共創
・Grit―やり抜く
■ Policy:
 ・Be the player―全員経営、当事者であれ
 ・Dedicate one’s growth―自身と仲間の成長にかける時間を惜しむな
Get involved―影響力を持って周囲を巻き込め
Act first―先ずは行動、前に進め
Be practical―評論家不要、実務家であれ
Play hard―よく遊べ

特に注目したいのが、ミッションである「CxO Firm―1000人のCxOを輩出する企業となる」という部分です。

“CxO”の“x”の部分にはあらゆる単語が入り、例えば“Executive”が入れば“Chief Executive Officer”、つまり“CEO(最高経営責任者)”となります。

このように、Regrit Partnersではあらゆる領域において“最高責任者”と名乗れるような人材を輩出するということをミッションに掲げているのです。

Regrit Partnersの激務度は高い?

結論、Regrit Partnersは激務であると言えます。

コンサルティングファームという性質上、クライアントに合わせなければいけない局面が多いのは事実です。

一方で、事前に申請を行えば、基本的に休みたいときに休暇が取れるという口コミやも見られました。プロジェクトやクライアントの状況によって状況が大きく変化するということがわかります。

Regrit Partnersの創業者 山木代表について

Regrit Partnersの代表者は、創業者であり現 取締役社長でもある山木智史(やまきさとし)氏です。

山木氏は、アビームコンサルティングやEYアドバイザリー・アンド・コンサルティング(当時)といった外資大手コンサルティングファームや国内独立系コンサルティングファームを経て、2017年8月にRegrit Partnersを創業しました。

HP引用
ヒトの変革の契機となりたい現在、テクノロジーによる社会、産業、ライフスタイルの変革が世界中で起こっており、2045年にはシンギュラリティーの到来が予測されています。この潮流はもはや抗うことができないものであり、今後、産業のあらゆる分野が再定義され、ビジネスのあり方や私たちのライフスタイルにも大きな変化をもたらすことでしょう。私たちは、クライアントの事業とはどうあるべきかを常に考え、異能との共創により新たな価値を提案し、クライアント企業の変革を推し進める存在であり続けます。 テクノロジーが社会に与えるインパクトは、ますます大きくなっていくことでしょう。私たちはそんな中でも、ヒトの可能性を信じ、未来を創ること、そしてその契機をもたらす存在となることに、挑戦し続けていきたいと思います。
代表取締役社長 山木智史

Regrit Partnersの業績

Regrit Partnersは非上場企業であり、業績等のデータを公開していません。

しかし、一部求人サイトなどには創業以来の売上利益が掲載されているため、今回はそのデータを参考にRegrit Partnersの業績を見ていきます。

データを見てみると、2022年には売上高27.7億円を目指すなど、2017年創業とは思えないほどの好調ぶりがうかがえます。

2018年7月期 売上高3.6億円、経常利益1.1億円
2019年7月期 売上高7.2億円、経常利益2.8億円
2020年7月期 売上高8.8億円、経常利益2.2億円
2021年7月期
売上高18億円、経常利益4.7億円
2022年7月期
売上高27.7億円(予想)

創業から黒字経営を続けており、まさに急成長していることが見て取れます。

Career Treeで自分の転職の可能性を確認しよう!

Regrit Partnersへの転職実例を知るためには、Career Treeを活用することも有効です。もちろんRegrit Partnersだけではなく、他のコンサルティングファームへの転職実例データを見ることも可能です。Career Treeを使うことで、Regrit Partnersや他のコンサルティングファームへ転職した人の生の情報に触れながら、効率的な転職活動を実現できるでしょう。

また、Career Treeでは、Regrit Partnersの転職情報を収集できるだけでなく、今働いている企業を起点とした転職データを見ることができます。例えば「現在の勤め先からRegrit Partnersに転職した人はいるのか」「Regrit Partnersへ転職した人は、他にどのような企業を受けたのか」という情報も見ることが可能です。

Career Treeであれば、オンラインで手軽に、かつ充実したリアルな転職実例の情報収集が可能です。加えて、ひとりひとりの希望やバックグラウンドを加味した上での転職実例を紹介いたします。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

ここまで、Regrit Partnersの年収や福利厚生など、転職活動にあたって押さえておくべき情報を紹介しました。

高い業界シェアと安定した業績で、転職先としても高い人気を誇るRegrit Partnersですが、転職希望者には極めて高いスキルが求められるため、転職難易度が非常に高いことも事実です。

Regrit Partnersで働きたい方は、まずは転職の正しい情報を知ることが重要です。Career Treeに登録することで、最新のRegrit Partnersへの転職に関するデータを収集できます。最新の転職事情について知ることで、具体的な面接対策を行うことができるでしょう。

Career Treeを活用しながら、Regrit Partnersへの転職活動を進めてみてください。

>>Regrit Partnersへの転職実例を確認する

  • コメント: 0

関連記事

  1. 日産自動車の平均年収は?職種・役職・年代別給与や福利厚生について解説!

  2. 千葉銀行ロゴ

    千葉銀行(ちばぎん)の年収は地銀の中で低い?職種・役職・年代別の年収も解説!

  3. PwCコンサルティングロゴ

    PwCコンサルティングの年収は?社風や仕事量・転職についても解説!

  4. ソニーロゴ

    ソニーの職種・役職・年代別の平均年収は?昇給制度やボーナス・福利厚生も紹介!

  5. 本田技研工業の平均年収は低い?高卒や大卒等の学歴別の年収について

  6. 野村不動産の平均年収は1,000万円超え?中途採用の年収や競合年収比較について解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。