転職理由の書き方や伝え方のポイント!理由は本音で書いた方が良い?

転職活動や準備を進める上で、転職理由の伝え方に悩む方もいるのではないでしょうか。

ネガティブな理由で辞めてしまった場合、どのようにポジティブな理由に変換するべきか難しいところです。
転職理由を伝える際には、採用担当者に悪い印象を与えないことが必要になるため、事前に準備しておくことが大切です。

志望先への転職を成功するためにも、転職理由の書き方や伝え方の知識を身につけておきましょう。
転職理由の書き方や伝え方のポイントについて、ご紹介します。

なぜ面接で転職理由が聞かれる?

なぜ面接で転職理由を聞かれるのでしょうか。
本質を知ることにより、採用担当者に正しく伝えることが可能になるでしょう

入社後に似たような理由で辞めないか確認するため

転職理由を聞かれる理由として、短期で離職されないか確認する目的が挙げられるでしょう。採用した人材が短期間で辞めてしまうと、採用にかかった費用や時間、労力など様々な損失が発生します。

病気理由や人間関係など、離職を繰り返す可能性が高い理由は、マイナスに捉えられる場合も多いでしょう。
ネガティブな退職理由を正直に答える場合、これ以上に転職理由を前向きな内容にしましょう。

自社との相性を確かめるため

もう一つの理由は、社風との相性を確かめるためです。
転職理由によっては、一方ではマイナスとなることでも、もう一方ではプラスに捉えられることもあるのです。

転職理由は、転職先の会社に合わせて柔軟に対応することが重要です。

主な転職理由の例

一般的によくある転職理由の例について、ご紹介します。
項目ごとにそれぞれ、解説します。

スキルアップ

スキルアップが目的の転職とは、今の環境では新しい仕事に携わることができない、自社で扱いのない業務なため、新しい環境で挑戦したいという内容です。
新しいことに挑戦する気持ちが評価される場合もありますが、同じ理由でまた別の会社にすぐに転職するのではないか、と思われる可能性もあるため、伝え方には注意が必要です。

また、スキルアップという理由の中に、具体性を持たせることが大切です。

キャリアアップ

現在の会社では、実現することが難しい役職に就きたい、魅力的な経歴を身に着けたい場合に述べられることが多いでしょう。ただ、キャリアアップだけでは、抽象的と捉えられ、マイナスの評価に繋がる場合もあるため、より具体性のある理由にまとめておくことが大切です。

キャリアアップという言葉の中にも、様々な意味合いがあるため、新たに役職に就くということだけでなく、同じ企業でキャリアを積むこともキャリアアップであるため、採用担当者に明確に伝えられるような準備をしておきましょう。
また、この中で今の会社で何故理想のキャリアが実現できないのか、という部分についても理由を用意しておきましょう。

給料や待遇面

転職をする際に、給料や待遇面を目的としている場合も多いでしょう。ただ、この理由をそのまま伝えるだけでは、良い印象を与えることが難しいでしょう。

どうしても伝えたい場合は、給料がアップすることを目的とする中で、どのようにして給料をアップさせるのか、具体的に伝える必要があります。また、給料や待遇面の改善を理由に転職する場合、キャリアアップの理由に添えるなど、待遇面での要求があからさまにならないように気を付けましょう。

NGな転職理由の例

転職理由を伝える際に避けたい、NGな理由をご紹介します。

愚痴や悪口を伝える

前会社での業務の愚痴や悪口を伝えることは、避けるようにしましょう。

当たり前に感じる場合もあるかもしれませんが、面接時に思わぬ方向に話が流れた際、つい口にしてしまう可能性もあります。
面接官も本心を聞きたいために、あえて世間話のような流れにする場合もあるため、面接中は常にネガティブな言葉や発言に気を付けるようにしましょう。

人間関係の問題をそのまま伝える

どうしても嫌な人がいる、苦手な上司がいるなど、人間関係が理由で転職を考えている方もいらっしゃるでしょう。

相性が合わないことは仕方ありませんが、そのまま伝えると組織への順応性が無いと捉えられる可能性もあります。
キャリアアップやスキルアップに合わせて、上手く伝えるケースもありますが、回りくどい言い方になる場合もあるため、人間関係については、話さない方が無難でしょう。

「挑戦したい」等の漠然としたもの

相手に何かを伝える場合、内容に具体性が伴っていることが望ましいです。〇〇に挑戦したいと伝えた後に、具体的な理由を添える必要があります。

転職理由の中に、どのように、何に対して挑戦し、具体的に成し遂げたいことなどを面接前に明確にしておくと、面接の場で話に困る可能性が少なくなるでしょう。

いかなる転職理由でも、具体性を示し、採用担当者に明確に伝えることが大切です。

転職理由を書く際のポイント

良い印象を持ってもらうためには、転職理由の内容を工夫した方が良いでしょう。
抑えておくべきポイントについて、解説します。

ネガティブな要素をポジティブに表現する

ネガティブな転職理由をポジティブな理由に変換することは大切です。

転職理由の中にはネガティブなものもありますが、伝え方次第ではポジティブな内容に変える事が可能でしょう。
例としては、
「サービス残業が多い」を「効率的に仕事をして成果を出したい」、「給料が安い」を「努力や実績を正当に評価してくれる会社で働きたい」などがあるでしょう。

伝え方を変えることで、採用担当者に与える印象も変わってくるため、意識するようにしましょう。

転職先の企業で成し遂げたいことを書く

転職先の企業で何を成し遂げたいのか、考えることが大切です。

採用担当者としては、応募者が自社でどのように戦力となり、活躍してくれるのかが重要です。

このため、転職先の企業で具体的に何を成し遂げ、活躍するのかを伝えるようにしましょう。
自分が転職先の企業で働いている姿をイメージすることも有効でしょう。

具体的な転職理由を伝える

具体的な転職理由を伝えることで、より採用担当者にイメージを持ってもらいやすくなるでしょう。また、この際はネガティブな内容をポジティブな理由に置き換えることも忘れないようにしましょう。

転職理由と合わせて、自分のスキルがどのように会社に貢献できるのかを伝えることも大切です。自分のスキルがいかに会社に貢献できるか、という具体的な内容が、採用担当者からの大きな評価に繋がる可能性もあるでしょう。

転職理由は本音で書いた方が良い?

転職理由は本音で書く必要がありますが、そのまま書くのではなく、ネガティブな言葉はポジティブに変換し、自分のスキルがどのように貢献できるのか、より相手に伝わりやすく、イメージしやすいように伝える必要があります。

ただ、思ってもいない事を羅列して書くと、具体的な内容が相手へ伝わらず、悪い結果を招いてしまう可能性が高くなるでしょう。
本来の転職理由を軸として、自分の言葉を織り交ぜ、簡潔でより伝わりやすい文章を構築するようにしましょう。

Career Treeで自分の転職の可能性を確認しよう!

転職活動の際には、本来の転職理由を軸に、採用担当者へ具体的な理由を示し、明確に伝えることがポイントです。
転職理由や、貢献できるスキルを表現する中で、伝わりやすい言葉や構成を考え、良いイメージを持ってもらうことが大切です。

Career Treeは、あなたの転職活動に関して、実例を基にサポートいたします。
転職に関して不明なこと、疑問点がある場合、Career Treeを活用してみてはいかがでしょうか。

Career Treeを活用することで、企業選びに無駄な時間を費やす必要がなくなるでしょう。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

転職理由や退職理由について、様々な角度からご紹介しました。ポイントは、本来の転職理由を軸にし、具体性を示すことです。
転職理由について考え、明確な理由がない場合は転職を考え直す事も必要です。

また、相手に転職理由を伝える際には、ネガティブな内容もポジティブに置き換えて伝えることが大切です。
ネガティブな内容をポジティブ内容へ置き換えるためには、事前に準備することが必要であり、これにより、自然に伝えることが可能になるでしょう。

自分のスキルがどのように会社へ貢献できるのかを具体的に伝えることができれば、他の応募者と差別化することが期待できます。

Career Treeでは、転職に関する様々なサポートを行っております。自分の中で、調査をするだけでは、得ることのできない情報もあるでしょう。このような際、Career Treeを活用してみてはいかがでしょうか。

登録は無料です。

転職活動をスムーズに進めていくために、ぜひご活用ください。

  1. 日本政策投資銀行(DBJ)の年収は?職種別の年収や転職方法について…

  2. オリンパスの平均年収は?福利厚生や研修制度、転職難易度もご紹介!

  3. 大塚製薬の平均年収は?福利厚生や職種・役職・年代別の年収も解説!

  4. アイリスオーヤマの年収は低い?職種や学歴別の年収についてもご紹…

  5. 東レの年収は低い?学歴別の初任給や福利厚生についても解説!

カテゴリー