業界研究 やり方

転職活動の業界研究のやり方とは?転職ならではのポイントをご紹介!

転職先を選ぶ前に業界研究をすることは、必要不可欠です。

業界研究をすることで、どのような業界に自分が向いているのかがわかり、自身の適正だけでなく、これまでのキャリアを踏まえて、キャリアアップをできる可能性があるのかどうか、という事がわかるでしょう。

しかし、どのように業界研究を行うべきなのか、やり方やポイントが分からないと転職活動に役立てることができません。

この記事では、転職活動における、業界研究の重要性や業界研究のやり方をご紹介します。

転職において業界研究が必要な理由とは

まず、転職活動で業界研究がなぜ必要なのか、理由について解説します。

自分に向いている業界を知るため

現職と異なる未経験の業界について、どのような企業・仕事があるのか、詳細について分からないことが多くあります。

未経験の業界は、応募しても採用される可能性は低いと決めつけている方もいるのではないでしょうか。
しかし、業界未経験者でも積極的に採用を行っている業界・企業もあり、自分に向いている・興味が持てる仕事と出会えることもあります。

意欲を持って取り組める仕事を見つける、自身の可能性を広げるためにも業界研究をすることが大切です。

事前に志望する業界の知識をつけるため

転職を考えている業界について、事前に知識を身に付けることが大切です。

面接まで進んだ場合、業界研究を行わずに業界知識が乏しいと、面接官に見透かされてしまい、内定を得る可能性が低くなるケースもあるかもしれません。
入社後の場合、中途採用者は新卒入社と異なり、業界に関する知識があることが前提で、研修などがない企業もあるでしょう。

面接対策と入社後に慌てることがないように、事前の業界研究を行うようにしましょう。

求めていた業界が見つかる可能性がある

全く知識のない業界はイメージが先行して、実際の働き方、仕事内容が分からないこともあるでしょう。

業界研究で業界に関する知識を得ることで、求めていた働き方や仕事ができる業界であることを知ることができる・気付かされることがあります。

求めていた仕事、やってみたかった仕事を見つけるためにも、業界研究を行いましょう。

現職との繋がりや活かし方を発見できる

業界が異なっても、これまでに得たスキルや経験を活かせることもあります。

例えば、建設業と製造業は業界が異なりますが、顧客へ自社製品を売り込む営業職はどちらにもあり、営業スキルを活かした働き方をすることが可能です。

業界が違うからと転職先を狭めるのではなく、様々な業界について研究を行いましょう。
これまでに得たスキルや経験を活かすことができる業界への転職は、収入・キャリアアップにも繋がるでしょう。

業界研究の基本的なやり方

業界研究の必要性は分かっても、やり方が分からないと行うことができません。
業界研究の基本的なやり方は、以下の通りです。

自己分析を行う

自己分析を行い、自分に最適な職種や業界を判断することが大切です。

これまで社会人として、どのような経験をしてきたか、性格や仕事に対する考え方や価値観、自分自身の長所・短所を明確にすることで、どのような職種や業界が自分に最適なのか見えてきます。

自己分析を正確にできれば、最適な職種や業界だけでなく、自身の将来像も見えてくるでしょう。

今後のキャリアを考慮した転職活動をスムーズに行うためにも、自己分析は入念に行いましょう。

転職をする理由を明確にする

転職する理由は人それぞれですが、自分はなぜ転職をするのか、転職する理由を明確にしましょう。

仕事内容や収入、勤める企業の社風や労働環境、将来性や安定性など、自分が仕事をする上で何を重視しているのか、軸となるものを決めることで転職先として選ぶ業界や企業がわかってくるでしょう。

重視する点が曖昧なまま転職した場合、イメージ違ったなどと、悩みを抱えることになるかもしれません。

転職理由を明確にし、志望する業界や企業が当てはまるかを確認しましょう。

【関連記事】転職理由の書き方や伝え方のポイント!理由は本音で書いた方が良い?

求人を確認する

求人の内容を確認することも有効です。
求人の内容は、中途採用者向けの求人だけでなく、新卒者向けの求人も確認してみましょう。

新卒者向けの求人には、業務内容だけでなく業界や関する情報や、その企業の事業内容などが細かく記載されていることも多く、情報収集に役立ちます。

年収や仕事内容、実務経験などの実際に働く場合に必要とされるものは、中途採用者向けの求人で確認し、業界・企業の情報は、新卒者向けの求人で確認するなど、使い分けて求人を確認してみましょう。

内容をノートやパソコンにまとめておく

上記の方法を踏まえた上で、ノートやパソコンにまとめておくと、後になって見返せるため便利です。

内容をまとめる際は、項目を統一して業界ごとに分けて記入しておけば、業界ごとの違いや特徴、活かすことができるスキルや経験などの共通点が分かりやすくなり、比較がしやすくなります。

面倒と感じられる方もいるかもしれませんが、有効な方法の1つです。

業界研究を行う際のポイント

業界研究を行う上で、抑えておくべきポイントをご紹介します。

媒体を活用する

業界研究には、下記の媒体を活用すると、効率良く進めることができます。

業界研究本と呼ばれるものがあります。
それぞれの業界のビジネスモデルなどの詳細が解説されており、業界研究を行う際に有効です。

会社四季報

会社四季報は、各業界の傾向や業績や来季の業績予想など、現在と将来性などを数字で確認することができるため、活用すると良いでしょう。

企業のホームページ

企業のホームページは、他社と差別化を図った内容が掲載されています。
同業他社のホームページと比較することで、業界・企業の特徴などが確認できます。

新聞など

一般の新聞も業界研究に有効ですが、業界に特化した業界新聞を確認することも重要です。
各業界の動向を確認することができます。

転職の実例を確認しておく

転職サイトなどで、実際に転職された方の実例を確認することも大切です。

どのようなキャリア・経歴の方が、どのような業界・企業へ転職したのか、また、自分が現在、勤めている業界から転職を考えている業界へ転職した実例を確認することで、自身の転職の可能性を確認することができます。

企業によっては、中途採用者のコメントを自社のホームページに掲載していることもあるため、転職を考えている企業のホームページに掲載されているかどうか、確認してみましょう。

転職実例を確認する

業界研究の後は企業研究を行う

業界研究の後は、その業界に属している企業研究を行いましょう。

転職すると決めた業界の企業なら、どこでも良いという訳ではないでしょう。

業界の平均年収を上回る企業もあれば下回る企業もありますし、仕事の進め方や労働環境が、業界の一般的な内容と異なる可能性もあります。

事前に入念な業界研究を行い、業界の知識を身に付けた場合でも、転職先を決めるための企業研究が不完全だと、自分が求めていた転職をできない可能性が高くなるでしょう。

ミスマッチを起こさないためにも、企業研究も入念に行いましょう。

CareerTreeで自分の転職の可能性を確認しよう!

転職において、企業側は転職者が業界の知識を持っていることを前提としていることも多いです。

業界の知識が乏しく、面接で見透かされると選考に影響を与える可能性があり、入社後だと業界知識の乏しさが仕事に支障をきたし、評価を落とすことに繋がることもあります。

ご自身に合う業界・企業を見つけるためにも、業界研究は入念に行いましょう。

業界研究を行う上で、Career Treeのサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

CareerTreeには、様々な企業に転職をされた方の実例データがあります。

業界研究を行う上で、あなた自身と同じ業界から、どのような業界に転職しているのか、実例データを基に確認することが大切です。
このデータを確認することで、どのような業界に転職できるのか、転職の可能性を確認することができます。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

業界研究の必要性、やり方についてご紹介しました。

業界研究は現職以外の業界へ転職を考えているのであれば、事前に行うべき大切なことです。
業界や企業の知識を幅広く持つことで、ご自身の可能性を広げたより良い転職活動を行うことができます。

ご紹介した方法やポイントを参考に、あなた自身の業界研究の参考にしていただけると良いでしょう。
業界研究を行い、転職に成功したいとお考えでしたら、Career Treeをご活用ください。

登録は無料です。

納得できる転職が行うことができるよう、Career Treeがサポートいたします。

  1. 千葉銀行ロゴ

    千葉銀行(ちばぎん)の年収は地銀の中で低い?職種・役職・年代別…

  2. ユニクロ(UNIQLO)から転職でどんな企業に転職した?年収変化につ…

  3. 森ビルの年収はディベロッパーの中では低い?職種・役職・年代別の…

  4. sojitz

    双日の年収は総合商社の中では低い?職種・役職・年代別の年収も解…

  5. bridgestone

    ブリヂストンの年収は?職種・役職・年代別の年収も解説!

カテゴリー