円満退社

円満退社ができる人は退職理由が適切?円満退社をする5つのコツをご紹介

転職する際は、転職前に勤めている会社に退職の意思を伝えなければなりません。

その際、トラブルに発展するような形で退職するのではなく、円満に退社することが理想です。
円満退社できず、会社側と揉めてしまうと希望する時期に退職ができない・良好だった同僚との関係が壊れてしまうこともあります。

今回は、円満退社ができる人の特徴円満に退社するためのコツをご紹介します。

円満退社とは?

円満退社とは、勤めていた会社とトラブルなく双方が合意して退職することです。

退職する会社に気を使わなくても良いと思われる方もいるかもしれませんが、円満退社には様々な利点があります。

円満退社をする利点

円満退社をする利点として、下記の3つの理由が挙げられます。

ストレスを抱える必要がない

円満退社を行うためには、会社や同僚に気を遣う必要があり、気疲れすることもあるかもしれません。

しかし、自分の言い分だけを通して退職を押し進めれば、周囲からの反発を受けやすく、円満退社で気を遣うよりも大きなストレスになることもあります。

トラブルに発展するような形で退職するよりも、上司や同僚と退職日まで良好な関係を維持したままの方が、ストレスを軽減できるでしょう。

また、退職する際に周囲へ気を配るのは社会人のマナーの1つでもあります。

トラブル回避やストレスの軽減、社会人としてのマナーという観点からも、円満退社をすることも大切です。

スムーズに退職ができる

退職時には社会保険等の自分では行うことができない事務手続きを会社に行ってもらう必要があります。

会社側とトラブルを抱えた状態で退職をしてしまうと、手続きがスムーズに行われずに退職後の転職活動や内定を得ている場合、転職先への入社のスケジュールが予定通りに進まなくなる可能性もあります。

円満退社をすることができれば、これらの不安が無くなり、転職活動や転職先への入社のスケジュールに支障を来す可能性は低くなります。

円満退社をすることで、退職時とその後の予定に支障を来さずに、退職ができるでしょう。

【関連記事】転職は入社何年目のタイミングが最適?転職準備のタイミングはいつから?

人脈を活かすことができる

退職することで、勤めていた会社や同僚との関係がなくなるわけではありません。

異業種に転職した場合も、勤めていた会社が取引先になる可能性があるだけでなく、前職の同僚も転職して取引先や同じ会社に入社してくる可能性もゼロではありません。

円満退社をしていれば、前の会社や同僚が取引先となっても良好な関係を築くことができ、トラブルになる不安が少なくなります。

将来的なトラブルの回避や人脈を維持する上で、円満退社は必要と言えるでしょう。

円満退社ができる人の特徴

“前職を円満退社できましたか?”というアンケートには、約8割の方が円満退社できたと答えられています。

多くの方が円満退社をされていますが、円満退社された方の共通点・特徴にはどのようなものがあるでしょうか。

参考:マイナビウーマン

人間関係が良好だった

退職する際は、後任者に自分の仕事を引き継ぐ必要があります。

自分が辞めることで、後任の方やその他の従業員の負担が増えることになることもありますが、人間関係が良好であれば、後任者や上司・他の同僚から退職後についても応援してもらえるケースも多くなるでしょう。

人間関係が良好であると、退職時の引き継ぎなどでトラブルを起こすことなく円満退社をできる可能性が高まるため、円満退社できる人の特徴の1つとして挙げられるでしょう。

退職理由が適切だった

ほとんどの場合、退職する際には理由について聞かれます。

その際、円満に退社できている方は、適切な退職理由を伝えられているでしょう。
「人間関係が悪い」「給料が安いから」このようなネガティブな理由では、円満退社をできる可能性が低くなります。

また、「退職しようか考えています」など、曖昧な表現だと慰留されて話が先に進まなくなることもあります。

キャリアアップやスキルアップ等のポジティブな理由で、今の会社で実現することが難しい理由であれば上司も引き留めにくくなり、退職の了承が得やすくなるでしょう。

【関連記事】転職理由の書き方や伝え方のポイント!理由は本音で書いた方が良い?

退職することを早めに伝えていた

退職日の2週間前までに退職の意向を伝えれば、法的には問題ありませんが、就業規則でいつまでに申し出るか定められているのが一般的です。

これは引き継ぎや補充人員の採用する期間を確保する会社側の都合なので、法律と異なり、絶対に守らなければならない訳ではありません。

しかし、退職日までその会社の従業員である以上、就業規則に従うのは当然です。
就業規則に従い、早めに退職の意思を伝えることが、円満退社されている方々の特徴と言えるでしょう。

円満退社をする5つのコツ

次に円満退社をする5つのコツについて、ご紹介します。

ポジティブな退職理由を伝える

円満退社は退職者を会社が快く応援する形で、退職を認めてくれることです。

そのために必要なのが、ポジティブな理由で退職することです。
円満に退社するのであれば、不満があって退職する場合でも、そのまま会社に伝えることは避けた方が良いです。

会社を辞めたい理由ではなく、将来、やりたいことを実現するためなど、ポジティブな退職理由を伝えましょう。

退職の意思を早めに伝える

退職を決めたのであれば、早めに会社側に伝えましょう。

その際、直属の上司に伝えることが大切です。
上司ではなく、初めの段階で上の役職者に退職の意思を伝えると、何かしらのトラブルに発展する可能性もあるでしょう。

会社によって退職時の伝える流れなど異なるケースがある可能性も考えられるため、まずは上司に伝えた方が良いでしょう。
退職は言いにくいことですが、必ず伝える必要があります。

引き継ぎ等もあるため、早めに退職の意思を伝えましょう。

会社の就業規則を確認しておく

法的には退職する2週間前に会社に退職の意思を伝えれば問題ありませんが、会社には就業規則に、退職する意思をいつまでに伝える、などの規定が設けられていることがほとんどです。

就業規則を無視して自分の都合だけで退職準備を進めるのはトラブルに発展しかねません。

そもそも、就業規則を守るのは従業員として当たり前のことでもあるので、就業規則を確認し、規定に沿って退職に向けたスケジュールを組みましょう。

現職の仕事を引き継ぐ日程を決める

仕事を後任者に引き継ぐ予定も立てておくと良いでしょう。

後任者の選定から始まることもあり、すぐに引継ぎが始められるかもわかりません。

引き継ぎは必ずしなければならないことではありませんが、引継ぎをしないと円満退社をすることが難しくなります。

退職日までに後任者への引継ぎが難しい場合は、上司へ引き継ぎを行う・引継書を作成し、円滑に引き継ぎができるように準備をしておきましょう。

最終日まで業務をしっかりと行う

上記のことを全て行ったからと気を抜かず、最終日までしっかりと業務を行いましょう。

退職が決まっていても最終日まで、その会社の従業員であることには変わりありません。
最終日まで責任を持って業務に取り組む姿勢が、円満退社をするために必要です。

会社や同僚に悪い印象を与えないよう注意し、自分自身も後ろめたさを感じないためにも、最後まで責任を持って業務に取り組むことが大切です。

Career Treeで自分の転職の可能性を確認しよう!

勤めていた会社を退職する際に、双方が納得し、円満に退社できれば、その後の退職手続きや同僚との人脈を維持することが期待できます。

そのためには、退職を伝えるタイミングや引継ぎ・就業規則など、事前に確認しおくことは多くあります。
円満退社をした後は、新たに自分に適切な転職先を見つける必要があります。

転職活動には、Career Treeのサービスをご活用ください。

Career Treeは、様々な企業に転職を成功された方の実例データを確認することができ、あなた自身に最適な転職先を見つけ出すことが可能です。
同じ職種や業種から転職した方が、どのような企業に転職しているのかなど、転職の可能性を知ることができます。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

円満退社の方法やメリットについてご紹介しました。

転職活動には様々な準備が必要ですが、円満退社も大切な準備の1つです。

転職後、勤めていた会社と取引をする可能性があるだけでなく、これまで一緒に働いてきた同僚や上司が人脈として活きる可能性もあります。

これまでに仕事で得たスキルや経験だけでなく、人脈も仕事をしていく上で重要な武器となります。
円満に退社をした後は、さらにキャリアアップできるような企業に転職すると良いでしょう。

円満退社をして、自身が望むような転職先を見つけたいと考えている場合、Career Treeをご活用ください。

あなたの転職活動がよりスムーズ進められるように、サポートいたします。

登録は無料です。

登録はこちらから

  1. 日本通運 年収

    日本通運の平均年収は低い?大卒や院卒の学歴別の年収もご紹介!

  2. NTT西日本 年収

    NTT西日本の年収は低い?ホワイト企業で人気があるのは本当?

  3. JAXA 年収

    JAXAの平均年収は低い?職員や研修員の年収についてもご紹介!

  4. アイシン精機 年収

    アイシン精機の中途採用の年収は?福利厚生や退職金についてもご紹…

  5. TOTO 年収

    TOTOの平均年収は低い?住宅手当などの福利厚生が充実している?

カテゴリー