転職 怖い

転職が怖い場合はしない方が良い?不安を解消するための対処法について

転職をすることに対して、怖いと感じたり、不安を感じたりする方もいるのではないでしょうか。

転職をすると、新たな環境で働くことになるため、怖いと感じることはおかしいことではありません。
しかし、転職に対するや恐怖心や不安を感じたままでは、将来における適切な選択ができなくなるかもしれません。

このため、転職に対して怖いと感じている原因は何なのかを理解し、対処することが大切です。

本記事では、転職が怖い場合にどうするべきなのかどのように対処するべきなのかについて解説します。

転職が怖いと感じてしまう理由

転職が怖いと感じる理由として、主に以下のような理由が挙げられます。

転職先での人間関係に不安がある

転職をすると、転職先で人間関係を新たに構築する必要があります。

転職を検討している会社の年収などの待遇面や事業内容は、募集要項や企業研究を行うことで事前に調べることができますが、人間関係については入社してみないと分からない部分も多いため、怖いと感じるケースもあるでしょう。

特に人間関係が理由で転職を考えられている方であれば、転職先で良好な人間関係を築くことができるのか、不安を強く感じてしまうことがあります。

転職先が見つからないのが怖い

転職活動を始めても希望する条件を満たす転職先が見つかるとは限りません。

希望条件に合った転職先が短期間で見つかることもあれば、中々転職先が見つからないというケースもあります。
在職中に転職活動を行った場合、転職先が決まらず、長引くと心身の負担が大きくなるでしょう。

また、退職後に転職活動を行った場合は、転職先が見つからずに無職の期間が長くなり、経済面の不安が大きくなります。

これらに対する不安から、転職に対して怖いと感じることがあるでしょう。

現職よりも環境が悪くなるのが怖い

収入アップを目的に転職したのにも関わらず、現職より収入が落ちてしまうのではないか、不安を持たれる方もいるでしょう。

募集要項に想定年収が記載されていても、給与制度・福利厚生制度は会社ごとに異なります。
前職ではあった手当や家賃補助のような福利厚生が転職先にはなく、家賃などの支出が増えて手取り額が減るということもあります。

転職活動において企業の平均年収だけでなく、福利厚生なども考慮するなど、細かく確認しておくことが大切です。

転職が怖い時はしない方が良い?

転職することが怖いを感じる場合、転職はしない方が良いのでしょうか。

転職する理由による

転職をする理由は、スキルアップやキャリアアップをしたい、現職の人間関係や労働環境に不満があるため、少しでも良い環境で働きたいなど、様々です。

転職をする明確な理由がないのであれば、無理に転職を行う必要はありません。
明確な理由がないと、転職先を決めるための判断軸が定まらず、転職自体は成功したとしても後々、後悔する可能性もあります。

明確な理由がないのであれば無理に転職せず、現職に留まった方が良いこともあるでしょう。

【関連記事】転職理由の書き方や伝え方のポイント!理由は本音で書いた方が良い?

怖いからといって転職を辞める必要はない

転職が怖いと感じるのは珍しいことではありません。

転職に限らず、新しいことに挑戦することに対しての恐怖心や不安を感じるケースは多くあります。

また、転職を考えている方は、現職では実現できない仕事をしたい、現職で働き続けることに不満があるなど、何かしらの理由があります。

現状を変える手段が転職である場合は、不安がある場合でも、転職することにどのようなメリットがあるのかを考え、転職活動を始めてみるのも良いでしょう。

転職活動の方法によって不安は軽減できる

転職活動を1人で行うのではなく、様々な転職に関するサイト等を活用し、効率的に転職活動を行うことで、不安を軽減することができます。

転職サイトやエージェントは、登録時の情報を基に最適な転職先が紹介されるなど、自分自身の市場価値を知ることも可能です。

自身の市場価値が分かれば、最適な転職先を判断することができ、効率的に転職活動を進めることができます。

まずは、あなた自身の転職の可能性を知ることから始めると良いでしょう。

転職先が決まった後が怖い場合の対処法

転職先が決まると安心することができますが、転職先が決まったことで、不安が増すこともあるでしょう。

このような場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか。

転職先の良い評判を確認する

怖いという感情や不安を紛らわすために、転職先の良い評判・情報を確認してみましょう。

転職サイトの口コミだけでなく、ネット上にも様々な情報があるため、ご自身でも見つけることができます。

その中から、転職先の良い情報だけを見るようにしましょう。

ネガティブな情報は、不安を増加させますが、自分にとって良いと思うことができる、ポジティブな情報にだけ目を通すことで不安を軽減することができます。

なぜ転職をしたのかを思い出す

転職先が決まった後に不安を感じる場合、なぜ転職という決断をしたのか思い返してみましょう。
転職理由は、人それぞれですが、転職しなければ実現できないことがあったことで、転職を決断したはずです。

キャリアアップやスキルアップ、待遇面や労働環境の改善など、転職をすることでどのようなことを実現できるのかを考えることが大切です。

これにより、転職をすることへの不安よりも、転職に成功した自分自身に自信を持つことができるでしょう。

転職先での初日が怖い場合は?

転職先での初日は、人間関係や業務など、不安に感じることが多いでしょう。

特に人間関係や職場の雰囲気に関しては、不安に感じるケースが多いので、気にしすぎる必要はありません。
ただ、初日に遅刻や忘れ物をしてしまうと、不安が増してしまいます。

通勤ルートも初めて使うことも多く、どのようなトラブルがあるか分かりません。
時間に余裕を持って行動し、持ち物の確認も前日に済ませておきましょう。

自信をもって転職をするための3つのポイント

自信を持って転職するために必要な3つのポイントをご紹介します。

在職中に転職活動を始める

仕事と並行して転職活動を行うのは大変ですが、退職してから転職活動を行うと、経済面の不安が生じる可能性があります。

転職先が見つからず、無職の期間が長引く不安や経済面の不安を抱えた状態での転職活動は、最適な判断をすることができずに進めてしまうリスクがあります。

これらの不安を抱えて転職活動をしないために、在職中に転職活動を行うことが、自信を持って転職活動を行うポイントと言えるでしょう。

【関連記事】在職中における履歴書の書き方!在職中に転職活動を行うメリットとは?

転職に求める優先順位をつける

転職で求めるものに優先順位をつけて転職活動を行うことも大切です。

キャリアアップやスキルアップ、労働環境の改善など、何を求めて転職をするのか、優先順位をつけておくことで、転職活動の内容や方向性も変わっていきます。

転職に求めるもの・条件全てが揃っている会社へ転職することが理想ですが、必ず実現できるわけではありません。

転職で自分が最も求めるものは何なのか、優先順位をつけることで現実的な転職をすることができるでしょう。

志望先の企業の転職実例を確認する

転職先と考えている企業へ転職を成功された方の実例を確認することも大切です。

募集要項には、業務内容や収入、その他の福利厚生などが掲載されていますが、これらは待遇面の情報です。
収入や人間関係が問題なくても、働き方や社風が合わないと長く働きにくいこともあります。

志望先に転職した方の中には、自身と同業種の方や同じようなキャリアを経験している方がいる可能性もあります。

この場合、あなた自身の転職活動に大きく役立つため、事前に確認しておくようにしましょう。

転職実例を確認する

Career Treeで自分の転職の可能性を確認しよう!

新たな環境に対する不安は、多くの人が感じることです。

怖いと感じるから、と転職することを諦めるのではなく、なぜ、転職しようと思ったのか、理由を思い出すことが大切です。
転職することに対して怖いと感じている方は、CareerTreeのサービスをご活用ください。

CareerTreeを活用することで、転職に成功された方の実例データがわかり、効率的に転職活動を進めることができます。

転職に成功された方の詳細の情報を確認することで、ご自身の転職の可能性がわかり、不安が軽減された状態で、転職活動を進めることができるでしょう。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

転職に対しての不安への対処法についてご紹介しました。

転職は、今後のキャリアプランに大きな影響を与える決断であり、新たな環境に飛び込むことになるため、不安を感じることは少なくありません。

「転職に対しての不安を軽減したい」「理想的な転職先を見つけたい」とお考えの方は、Career Treeをご活用ください。

CareerTreeの豊富な実例データが、あなたの転職活動をサポートいたします。
登録は無料です。 

より良い転職先を見つけるために、ぜひ、CareerTreeのサービスをご活用ください。

登録はこちらから

  1. 日本通運 年収

    日本通運の平均年収は低い?大卒や院卒の学歴別の年収もご紹介!

  2. NTT西日本 年収

    NTT西日本の年収は低い?ホワイト企業で人気があるのは本当?

  3. JAXA 年収

    JAXAの平均年収は低い?職員や研修員の年収についてもご紹介!

  4. アイシン精機 年収

    アイシン精機の中途採用の年収は?福利厚生や退職金についてもご紹…

  5. TOTO 年収

    TOTOの平均年収は低い?住宅手当などの福利厚生が充実している?

カテゴリー