転職 年齢

転職をする年齢に制限や限界はある?年齢別の転職のポイントを解説!

転職を考えた時、自分の年齢で希望条件に合う転職先が見つかるのか、不安を感じることがあるのではないでしょうか。

20~30代など若い世代の方が転職に有利と思われるかもしれませんが、企業の採用に関する考え方も変化しており、必ずしも若さが有利になるとは限りません。

この記事では、年齢・年代ごとの転職のポイントについてご紹介します。

転職に年齢は関係ない?

年齢に関係なく転職は可能ですが、年齢によって転職の仕方やポイントなどは変化します。

企業側が求めるものが変化する

以前は、入社3年以内に退職する第二新卒は転職に不利と言われていましたが、一定のビジネスマナー・スキルを持っていることから、教育費用の抑制と将来性が期待され、需要が増しています。

35歳が転職の限界年齢と言われていたものの、豊富な経験とスキルを持つ35歳以降のミドル層と呼ばれる世代を積極的に採用する企業も増えています。

これは市場の変化・労働人口の減少等の影響もあり、年齢だけを重視した採用をする企業が減っていることが要因です。

職種によって変わる

20代は営業職や販売などの職種、20代後半ではIT関係の技術職等が挙げられます。
20代は、実績より仕事への意欲が評価されるポテンシャル採用が多いのが特徴です。

30代は、技術職や企画職などが多くなります。
20代と異なり、ポテンシャルよりも10年前後の経験・スキルから同じ業種や職種で即戦力が期待される採用が多くなります。

40代は、技術職・企画職の他に会社全体をまとめる管理職など、高いマネジメント能力を期待されるポジションへの転職が多くなります。

このため、30代以上に即戦力であることが重視されるでしょう。

時代によって変化している

少子高齢化による労働人口の減少もあり、企業の採用条件も変化しています。

以前は、応募者の経験・スキルより年齢を重視した採用を行っていた企業が少なくありませんでしたが、現在はコロナ禍の影響もあり、すでに専門性が高い知識やスキルを兼ね備えた即戦力が期待できる人材として、50代の採用も増えています。

仕事よりもプライベートを重視した生き方・働き方を求める方も多く、時代の変化に合わせて採用基準も変化しています。

転職をする年齢に限界はある

転職の限界年齢は35歳と言われることがありますが、実際にはどうなのでしょうか。

明確に限界である年齢はない

35歳という年齢は、35歳以下の年齢よりも、求人数が減るという意味合いであり、転職が可能な限界年齢を指す訳ではありません。

現在は、少子高齢化によって労働人口が減少しており、35歳以上の方も貴重な労働力となっています。

実際に、35歳から44歳までの年代の転職者は、34歳以下に次いで転職者が多い層となっています。

しかし、2番目に転職者が多い層だから転職が簡単という訳ではありません。
あくまでも、以前と比べて転職しやすくなっているという状態です。

転職が難しくなる年齢はある

35歳以降でも転職がしやすくなったとはいえ、年齢が影響を与えることもあります。
年齢が高くなることで給与も高く設定されやすくなりますが、企業も年齢だけを理由に高い給与を支払いません。

高い給与に見合った実績やスキルがある人材であることが条件です。

実績・スキルが企業の求めるレベルに達していれば問題ありませんが、未経験の分野への転職の場合、20代は将来性を見込んだ採用等がありますが、40・50代での転職は難しくなるでしょう。

転職がしやすい年齢は?

ミドル層も含め、幅広い年代で転職がしやすくなっていますが、条件によって転職しやすい年齢があります。

例として、以下の2つが挙げられます。

未経験への転職の場合

これまで勤めていた業種や職種から未経験の分野へ転職しやすいのは若い世代。
特に20代前半が有利になります。

20代は、現在の経験・スキルよりも、将来性を重視したポテンシャル採用が行われるケースが多いです。
未経験の分野への転職は、30代40代と年齢を重ねるごとに転職難易度が高くなっていきます。

キャリアチェンジを目的とした未経験分野への転職は20代が有利であることを頭に入れておくと良いでしょう。

【関連記事】未経験での転職にコロナが影響している?転職をする際の注意点も解説

即戦力を求めている場合

即戦力が求められる転職の場合は30代以降が有利になります。

30代以降の方は同じ業界で10年以上の実績とスキルがあり、さらに管理職などマネジメントの経験と能力がある方も多いため、実務面だけでなく人材育成やチームリーダーとしての能力も期待できるために20代よりも採用される可能性が高くなります。

即戦力が求められている場合、高い実績・スキルを持った30代以降の方が転職しやすいと言えるでしょう。

年齢別の転職のポイント

業種や職種、企業が求める条件によって、転職に有利な年齢は異なります。

ここでは、年齢別の転職におけるポイントをご紹介します。

20代の転職のポイント

20代の場合、経験・スキルが少なく、職務経歴書に書くことができる内容が少ないケースも多いでしょう。

しかし、経験・スキルが少なくても、前職でどのような業務に従事し、どんな経験を積んだのか具体的に書くようにしましょう。
数年でも社会人として働いた経験がある以上、どのような経験も他の応募者と自分を差別化する武器になります。

自分の経験・スキルがアピールにならないと決めつけずに、職務経歴書を細かく書いて、面接官にアピールすると良いでしょう。

【関連記事】20代が転職をする際のポイント!うまくいかない人の特徴とは?

30代の転職のポイント

30代は、これまでに得た経験・スキルをどのように活かして即戦力となることができるのかを明確に説明することがポイントです。

30代での転職は、未経験の業種・職種ではなく、同じ分野の経験・スキルを活かすことができる転職を行うケースが多いです。
同業種への転職であれば、自分が即戦力として会社に貢献できることをアピールすることが大切です。

異業種へ転職する場合は、業界研究・企業研究を行い、前職での経験・スキルで活かせるものを探し、会社に貢献できる人材であることを伝えましょう。

40代の転職のポイント

40代の転職は、20代30代よりもさらに即戦力である人材だと企業に伝える必要があります。

企業はこの年代の方に対して、これまでに得た経験・スキルから部署や会社にどのような影響を及ぼしてくれるのかを採用基準にすることが多いです。

40代は管理職を経験されている方も多く、マネジメント能力も期待されます。

これまで役職の経験がない場合でも、社会人としての豊富な経験から新人の育成や業務全体を俯瞰し、会社やチームの中でどのように人を動かすことができるのかをアピールすることが重要です。

Career Treeで自分の転職の可能性を確認しよう!

転職は、自身の能力や経験だけでなく、年齢も考慮する必要があります。
コロナ禍の影響や労働人口の減少・時代の変化もあって、35歳が限界と言われていた転職市場も変化しています。

転職を考えている業界・企業が、どのような人材を求めているのか情報収集や研究を行い、年齢に応じた効率的な転職活動を行いましょう。
ご自身の年齢で最適な転職ができるか不安を感じている場合、CareerTreeのサービスをご活用ください。

CareerTreeには様々な業界・企業に転職を成功された方の実例データがあります。

ご登録いただくと、全てのデータが閲覧可能になります。
データの詳細をご確認いただくことで、ご自身の転職の可能性や転職市場における市場価値を知ることができます。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

労働人口の減少により、転職市場も変わりつつあります。

これまで転職が難しいと言われていた35歳以降の方も活発に転職を行われており、年齢を重視した採用から経験を重視した採用にシフトする企業も増えています。

ご自身の年齢・経験・スキルを踏まえ、最適な転職先に転職するには、事前の情報収集が大切です。
また、最適な転職先を見つけるためには、転職を成功された方の実例データを基に転職活動を行うことが効果的です。

登録は無料です。

転職活動の第一歩として、Career Treeのサービスをご活用ください。

登録はこちらから

  1. 日本通運 年収

    日本通運の平均年収は低い?大卒や院卒の学歴別の年収もご紹介!

  2. NTT西日本 年収

    NTT西日本の年収は低い?ホワイト企業で人気があるのは本当?

  3. JAXA 年収

    JAXAの平均年収は低い?職員や研修員の年収についてもご紹介!

  4. アイシン精機 年収

    アイシン精機の中途採用の年収は?福利厚生や退職金についてもご紹…

  5. TOTO 年収

    TOTOの平均年収は低い?住宅手当などの福利厚生が充実している?

カテゴリー