京セラの平均年収は?競合他社との比較や海外転勤・福利厚生についても解説!

京都に本社を置く、日本有数の電子部品やセラミック品メーカー「京セラ」。

世界的に売り上げを伸ばし続けている電子部品業界において、国内においてトップのシェアを誇る企業です。

その工場や営業所はもちろん国内だけではなく、世界各地に存在します。世界を舞台に働きたいという人から、転職先としての人気も高い企業のひとつです。

この記事では、京セラの年収や福利厚生、海外赴任時の年収や給与が高い理由について解説しています。

あわせて、京セラへの転職を希望する人へ向けて、効率的な転職の情報収集方法についても紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

京セラの平均年収

はじめに、京セラの平均年収について紹介します。2019年度の有価証券報告書を参照してみると、平均年収は723万円となっています。

この年収は、他の企業と比較しても高待遇と言えます。

それでは、具体的は他社よりもどれだけ高級なのでしょうか。たとえば国税庁の最新データによると、日本における正規雇用の人の平均年収は2018年度で「441万円」となっています。

また、転職サイトdodaのデータによると、2020年度のメーカーの平均年収は「453万円」です。

京セラの平均年収は、同業他社の平均よりも300万円近く高額ということです。

京セラの職種・役職・年代別の平均年収

次は、京セラの職種・役職・年代別の平均年収を見ていきます。

職種別の平均年収

まずは職種別の年収についてです。京セラの職種には、大きく分けて以下の2種類があります。

■ 技術職
■ 営業・管理職

各職種における平均年収は、以下のようになっています。

なお、この記事における年収事例は実際に京セラで勤務経験のある人の口コミが投稿されるサイトOpenWorkを参考にして算出しています。

職種 平均年収
技術職 800万円程度
営業・管理職 700万円程度

技術職の方がやや平均年収が高い傾向がみられました。しかし京セラの年収は職種よりも役職や年次によって決まる部分が大きいです。以下で詳しくみてみましょう。

役職別の平均年収

京セラでは、役職によって年収が異なります

役職 平均年収
社員 約〜600万円
主任 約600〜700万円
係長 約700〜850万円
課長 約850〜1,000万円
部長以上 約1,000万円〜

「基本的には毎年1万円ずつ昇給してゆき、役職が上がると基本給がさらに上がる」という声が見られました。

年代別の平均年収

次は年代別の年収です。ここでは、勤続年数に応じた年収の例を紹介します。

勤続年数 年収目安
勤続3年未満 経理:420万円
開発:550万円
資材:650万円
勤続3〜5年 営業:650万円
管理:570万円
開発:700万円
勤続5〜10年 総務:630万円
開発:610万円
技術:650万円
勤続10年以上 営業:990万円
開発:730万円
技術:930万円

やはり年功序列であり、勤続年数が伸びるに連れて年収も上昇する傾向であることがわかります。

京セラと競合他社との平均年収比較

ここでは、京セラと競合他社である部品メーカーのキーエンス・村田製作所・日本電産との年収を比較してみます。

企業名 平均年収
京セラ 723万円
キーエンス 1,800万円
村田製作所 724万円
日本電産 616万円

表を見ると、京セラの年収はキーエンスよりは低いものの、村田製作所と同程度、日本電産よりは100万円以上も高額であることがわかります。

厳密に言うと、キーエンスの主軸製品は「自動制御機器、計測機器、情報機器、光学顕微鏡・電子顕微鏡」、他の3社の主軸製品は「電子部品・セラミック」という違いがあり、これもキーエンスと他3社の年収に開きがある要因のひとつとも言えます。

村田製作所・日本電産ともに国内電子部品・精密機器メーカーとしては規模が大きく年収も高い企業です。京セラも、そんな競合他社に勝るとも劣らない高待遇と言えるでしょう。

キーエンスの年収について詳しく知りたい方は平均年収1800万円以上のキーエンスは激務?就職・転職する方法も解説!をご覧ください。

村田製作所の年収について詳しく知りたい方は村田製作所の年収は低い?昇給制度や社風・特徴・転職難易度についても解説をご覧ください。

京セラの海外転勤者の平均年収は高い?

京セラは、日本国内だけでなく海外にも工場を保有し、マーケティングを拡大し続けています。

そのため、社員は海外転勤の可能性も少なくありません。海外転勤となると、手当がつくことに加えて、赴任中の税金が会社負担となることもあり、手取りの平均年収がグッと上がると言われています。

駐在先は、北米・南米・アジア・中東・アフリカ・オセアニア・ヨーロッパと全世界の主要地域が候補となります。

一般的に、日本企業の社員が海外赴任となると「日本の給与の約1.5倍」と言われています。

つまり、京セラで海外赴任をした場合の年収は、平均年収「723万円」に1.5を掛けた「1,084万円」程度だと予想できそうです。

また、治安があまり良くない地域に赴任となった場合には、さらに「危険値手当」と呼ばれる手当てが上乗せされて支払われるという声も見受けられました。

これらのことから、京セラの海外転勤者の平均年収は、国内勤務者の年収よりも高いと言えるでしょう。

京セラの年収が高い理由

京セラの年収が高い理由は「年功序列である程度までは誰でも昇給する仕組みとなっている」ことと「ボーナスが景気や売上に左右されずに安定的に支給される」ことだと考えられます。

京セラで勤務経験のある人の口コミを見ると「入社してからしばらくは、毎年何もせずとも1万円ずつ基本給がアップする」「年功序列で昇給し、落ちることがほぼない昇格試験に合格した場合、さらに3万円昇給する」という声が見られました。

また、年に2度の賞与については「ボーナスは景気によらず安定的に支給される」「賞与は業績連動ではなく、おおよそ半期ごとに2.5〜3ヶ月分が安定してもらえる」という意見がありました。

業績や景気によらず、一定額のボーナスが支給されることが、京セラの年収が高い要因のひとつです。

これらのことから、京セラの年収が高い理由は「基本給が年功序列で誰しも上がっていくことと、賞与水準が安定して高いため」であると言えます。

京セラの福利厚生制度と休暇

ここでは、京セラの福利厚生と休暇制度について紹介します。

福利厚生制度 内容
休日/休暇 年間休日124日。週休2日制、祝日、GW・夏期・年末年始休暇有。年次有給休暇、年休5日連続取得制度、リフレッシュ休暇、多目的休暇制度など
福利厚生 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
福利厚生、独身寮、従業員持株制度、住宅融資制度、貸付金制度、財形貯蓄、時間単位有給休暇制度、産前産後休暇・育児休憩、育児休職制度、介護休職制度、短時間勤務制度、始終業時刻の繰り上げ・繰り下げ、ベビーシッター利用補助制度、再雇用制度、カムバックエントリー制度、契約保養施設、各種クラブ活動など

「育児休憩」「育児休職制度」「短時間勤務制度」「ベビーシッター利用補助制度」など、特に福利厚生について、家庭を持っても働き続けられるような制度が豊富であることがわかります。

京セラに転職するには?

ここでは、京セラに転職するために知っておきたい情報について紹介します。

京セラの転職難易度は?

京セラは、安定した業績と高収入で転職先としても人気の高い企業です。

しかし、中途採用を積極的に行っており、営業職から技術職まで、様々なポジションにおいて募集がかけられています

また「チャレンジエントリー」という、30才程度までの人を対象に、職歴の有無を問わずにマッチしそうな職種があれば案内をもらえるという応募も可能です。

そのため、人気企業とはいえ広く門戸が開かれており、決して難易度が非常に高いというわけではありません。

京セラの採用フロー

京セラへの中途採用は、以下の流れで進んでゆきます。

■ 応募・エントリー:公式HPから希望職種を選択し、エントリーフォームから応募
■ 書類選考:2~3週間程度でメールにより合否結果を受け取る
■ 選考(面接・適正検査):募集部門と人事による面接と適性検査。面接回数は1~2回。
■ 内定:配属先·処遇の書面による通知
■ 内定後面談と電話相談:希望に応じて、人事や部門の担当者と面談・電話相談の実施

なお、書類選考においては、応募した部門以外でも可能性のある他職種にて書類選考される場合があるようです。

入社の承諾をした後に、各配属先事業所·工場の人事担当者から、入社日や引越し、必要書類についての連絡をもらえます。

内定~入社の期間は原則として2ヶ月以内となっていますが、現職の都合などがある場合は相談も可能です。

京セラが求める人材像とは

ここでは、京セラが求める人物像を公式HPから探ってみましょう。

公式採用ページを見てみると「京セラでは、次のような方を求めています」という文章の下に「Challenge」「Honesty」「Global」の3つの単語か書かれています。

「Challenge」とは夢に向かって挑戦を続けられる人、「Honesty」とは素直でひたむきな人、「Global」とは国際的な視点を持つ人を指すとのこと。

京セラの中途採用面接においては、このような人物像とマッチするような自己PRをしたり、前職でのエピソードを話したりするのが有効と考えられます。

Career Treeで自分の転職可能性を確認しよう!

中途者採用に積極的な京セラ。

しかし人気企業なだけあって、もちろん誰しもが簡単に転職できるわけではありません。

京セラへの転職を成功させたいという人が必ずすべきは、転職に関する正しく新しい情報を常に把握しておくことです。

例えば、実際に京セラへ転職した人の実例データを見ることで、最新の中途採用情報を知って正しい対策ができるでしょう。

Career Treeは、京セラへの転職実例データを知るためにおすすめのツールです。

Career Treeでは、京セラをはじめとして、他の電子部品やセラミックメーカー、グローバル企業への転職実例データを見ることができます。

Career Treeは、効率的に複数企業に関する転職情報を収集するツールとして非常に有効です。

また、Career Treeでは、京セラや他の希望転職先の情報を収集できるだけでなく、今働いている企業を起点とした転職データの収集も可能です。

例えば「今の会社から京セラに転職した人はいるのか」「京セラの面接を受けた人は、他にどんな企業を候補として考えていたのか」という情報も見ることができます。

「京セラを受けることを決めたわけではない」「まだどの企業を受けるか決まっていない」という人であっても、様々な企業への転職事例を見ることで、実際に入社したいと思える企業を見つけられるかもしれません。

Career Treeであれば、オンラインで手軽に、かつ充実したリアルな転職実例の情報収集が可能です。

加えて、一人ひとりの希望やバックグラウンドを加味した上での転職実例を紹介いたします。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

ここまで、京セラの年収や昇給制度、転職活動についての情報について紹介してきました。

世界を舞台に働けるメーカーとして、転職先として高い人気を誇る京セラ。

幅広い職種において中途の募集がかけられているものの、人気企業であり、該当ポジションにおけるある程度の知識や経験も求められるため、転職は簡単ではありません。

京セラへの転職を考えたなら、まずは正しい情報を知ることが大切です。Career Treeに登録して、最新の京セラへの転職に関するデータを収集することで、やるべきことが見えてくるでしょう。

加えてCareer Treeでは、今勤めている会社からはどんな企業に転職した人が多いのか、京セラの転職活動は他と比較して何に注意すべきかまで、様々な情報を知ることができます。

Career Treeを上手に活用しながら、京セラへの転職を検討してみてください。