富士ゼロックスの年収は高い?院卒などの学歴や職種別の年収について

富士ゼロックス 年収

複合機メーカーとして国内外で高い知名度を誇る富士ゼロックス(現・富士フイルムビジネスイノベーション)。

1962年にイギリスのランク・ゼロックスとの合併会社として設立されましたが、2021年3月に提携を解消し、4月から富士フイルムホールディングスの100%子会社となっています。

富士ゼロックスは、転職先としても人気があります。

この記事では、富士ゼロックスの平均年収など、転職する上で知っておくべき情報をご紹介します。

※富士ゼロックスは、社名を富士フイルムビジネスイノベーション株式会社に変更していますが、記事内では富士ゼロックスで表記しています。

富士ゼロックスの平均年収

富士ゼロックスは上場していないため、有価証券報告書での社員の年収に関する情報は公開していません。

このため、こちらでご紹介する平均年収は、親会社である富士フイルムホールディングスの2020年度の有価証券報告書を基にしています。

富士ゼロックスの平均年収は970万円。平均勤続年数は18.1年です。

国税庁調査による令和2年最新の日本の労働者の平均年収433万円と比較すると、2.2倍であり、富士ゼロックスの平均年収の高さが分かります。

昇給は年1回、賞与は年2回支給されます。

富士ゼロックスの職種・役職・年代別の平均年収

富士ゼロックスの職種・役職・年代別の平均年収をOpenWorkやdoda、その他のサイトから調べ、算出しました。

職種別の平均年収

まず、富士ゼロックスの職種を表の4つに分類し、平均年収をまとめました。

職種 平均年収
営業職 350~1,180万円
技術職 390~1,080万円
開発職 450~1,150万円
事務職 540~910万円

職種によって年収の幅は異なりますが、どの職種も最高年収は高いと言えるでしょう。

富士ゼロックスは成果主義の給与制度も導入されているため、いずれの職種でも、成果を出すことで、高い年収を得ることができるようです。

役職別の平均年収

係長・課長・部長の平均年収は、以下のようになります。

役職 平均年収
係長 970万円
課長 1,260万円
部長 1,440万円

係長職で富士ゼロックス全体の平均年収に並ぶ年収です。

また、課長職からは年収1,200万円以上と高い年収が得られ、部長職ではさらに200万円近く、平均年収が上がっています。

昇進制度も成果主義が採用されていますが、口コミなどを確認すると、昇進に関しては、年功序列の傾向が残っているようです。

年代別の平均年収

富士ゼロックスの年代別の平均年収を、doda調べの年代別平均年収と比較しました。

年代 平均年収 同業界の年代別年収(doda調べ)
20代 340~700万円 348万円
30代 700~780万円 444万円
40代 880~990万円 510万円
50代 1050~1,080万円 613万円

20代では、doda調べの平均年収の2倍以上である年収700万円台も可能で、若い年代から高い収入を得ることが可能なようです。

年代の上昇とともに、平均年収も上がっていますが、成果を出さなければ昇給はしづらく、年収を上げるためには、年次や役割に応じた成果を残す必要があるでしょう。

富士ゼロックスの年収の推移

平均年収の推移を過去5年間分まで遡り、表にまとめました。

こちらも、親会社の富士フイルムホールディングスの有価証券報告書を基に作成しています。

年度 売上高 平均年収 勤続年数
2016年 2兆3,221億円 1,046万円 17.7年
2017年 2兆4,333億円 971万円 17.8年
2018年 2兆4,314億円 997万円 17.8年
2019年 2兆3,151億円 1,002万円 17.2年
2020年 2兆1,925億円 970万円 18.1年

過去3年間、売上高は前年を下回り、平均年収は微細な増減をしています。

ゼロックスとの提携解消によって取り決められていた販売テリトリーの制約が消滅し、今後はアジア・太平洋以外にも販路を構築することが可能になりました。

ゼロックスとの競争は容易ではないかもしれませんが、販路拡大の可能性が高まったことで、売上増加と年収のアップも期待できるでしょう。

富士ゼロックスの院卒・大卒の年収(初任給)

富士ゼロックスの学歴別初任給をまとめました。

【富士ゼロックス(現:富士フイルムビジネスイノベーション)】

職種 学歴 初任給 推定年収
技術・事務系 博士修了 300,100円 3,901,300円
技術・事務系 修士修了 257,280円 3,344,640円
技術・事務系 学部卒 231,530円 3,009,890円

【富士フイルムビジネスイノベーションジャパン株式会社】
こちらは、富士ゼロックス製品の販売・サポートを行う会社で、募集は全国職とエリア職があります。

待遇面は、富士ゼロックスと変わりません。

職種 学歴 初任給 推定年収
全国職 修士修了 257,280円 3,344,640円
全国職 学部卒 231,530円 3,009,890円
エリア職 修士修了 235,280~256,280円 3,058,640~3,331,640円
エリア職 学部・高専(専科) 201,900~222,900円 2,624,700~2,897,700円
エリア職 高専(本科) 187,000~207,000円 2,431,000~2,691,000円
エリア職 短大・専門卒 184,300~204,300円 2,395,900~2,655,900円

どちらも、初任給12か月分と賞与を1か月分として仮定して計算しています。
この他に各種手当があり、実際の支給額はこちらの表より多くなると考えられるでしょう。

富士ゼロックスの給与・ボーナスについて

富士ゼロックスは、給与制度やボーナスについて、詳細をご紹介します。

グレードが上がると給与が上がる

富士ゼロックスでは、2006年に行った社内改革で、職能や役職に応じたグレード制を導入し、グレードが上がることで昇給するような制度を改定しています。

このグレード制では、従来の職能の他に“リーダー役割”と“管理・専門役割”の3つに分けて評価を行うことで、これまでの職能のみの評価より正確な評価が可能になりました。

グレードが上がると、2万円程度昇給するようで管理職に近いグレードほど、昇給額も上がっていきます。

しかし、売上に直結する営業の方が評価されやすく、開発・技術系職種の保守・維持管理の業務は評価されにくいという口コミがあり、職種によっては不満があるようです。

管理職になると1000万円に達することもある

グレードのアップとともに昇給し、管理職に昇進すれば、さらに昇給額は大きくなります。

管理職者は、一部の手当支給の対象外・支給額の減額もありますが、基本給の昇給額が手当額を上回るため、収入は上がるようです。

役職別の平均年収でご紹介しましたが、係長職で約970万円、課長職は1,260万円、部長職は1,440万円の年収が期待できるため、管理職へ昇進すれば、年収1,000万円台は到達することができるでしょう。

富士ゼロックスに転職するためには?

富士ゼロックスに転職するためには、以下の2点も知っておくことが大切です。

■ 求める人材像
■ 転職難易度

こちらの2点について、ご紹介します。

富士ゼロックスが求める人材像

富士ゼロックスのホームページには、求める人材像について以下のような言葉が掲げられています。

“自ら考え行動する人×成長と変化に挑む人”

このような人材を富士ゼロックスは求められていると考えられるため、頭に入れた上で、転職活動を行うと良いでしょう。
面接では、応募者が求める人材像とマッチしているかを確認されるケースが多いです。

富士ゼロックスが求める人材像を理解した上で、面接に挑むことが大切です。

富士ゼロックスへの転職難易度

富士ゼロックスでは技術職・事務職、どちらも中途採用の募集が行われています。

ITエンジニアでは、数百億円規模のプロジェクトに参画することが前提のため、実務経験・スキルはこれらの規模のプロジェクトに見合う高いレベルが求められています。

待遇面は、経験・スキル・年齢によって異なりますが、いずれの職種でも年収500万~1,000万円と高待遇となっています。

待遇面以外にも、富士ゼロックスの知名度の高さからも転職難易度は高いと考えて良いでしょう。

このため、希望する職種の必須要件や歓迎要件について確認し、その他に有利となるポイントがないか情報収集をするなど、事前対策を入念に行うと良いでしょう。

競合他社の転職実例を見る

Career Treeで自分の転職の可能性を確認しよう!

転職難易度が高い企業への転職を成功させるためには、適切な対策を行うことが大切です。

面接対策や職務経歴書などの書類関係などの対策も必要ですが、実際に転職をした方の転職実例を確認しておくことも有効です。

志望先の企業に、どのような業界の方が転職をしているのかを確認しておくことで、ご自身の転職の可能性を知ることができます。
ご自身の転職の可能性を知りたい方は、Career Treeのサービスをご活用ください。

Career Treeには、1万件を超える転職実績データがあり、ご登録いただくことで、全てのデータをご確認いただけます。

志望先の企業だけでなく、競合他社への転職実例も確認することで、業界への理解も深まり、ご自身の転職活動を効率的に進めることができるでしょう。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

富士ゼロックスの平均年収や転職に関する情報をご紹介しました。

富士ゼロックスは、970万円という年収の他に、退職金制度や年金制度など退職後の制度も充実しており、ワークライフバランスにも優れている企業です。

知名度が高い企業でもあるため、転職難易度は高く、転職は簡単ではありませんが、事前準備を入念に行うことで、転職に成功できる可能性は高まります。

転職活動に不安を感じられている方は、Career Treeのサービスをご活用ください。

登録は無料です。
Career Treeに蓄積された実例データを基に、あなたの転職活動をサポートいたします。

>>全ての転職実例を確認する

  • コメント: 0

関連記事

  1. 任天堂の年収は?昇給・評価制度や給与体系、福利厚生についても解説!

  2. nidec

    日本電産の年収は本当に低いの?激務とも言われる働き方の実態についても解説!

  3. DTCロゴ

    デロイトトーマツの年収は?コンサルティングファームと比較して解説!

  4. シティグループ証券ロゴ

    シティグループ証券の年収は?職種・役職・年代・学歴別給与を徹底解説!

  5. ダイキンの平均年収は低い?子会社の年収や役職別の年収もご紹介

  6. 三菱UFJ銀行の年収は?メガバンクとの比較や職種・役職別給与も解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。