オムロンの平均年収は低い?大卒と院卒の初任給や役員の年収をご紹介

オムロン 年収

オムロンは体温計や体重計をはじめとした健康医療機器を製造しているだけでなく、自動改札機やATMも開発しています。

社会インフラに重要な電子機器に、オムロンの製品が多数使用されています。
一般消費者の目から見えない様々な電子機器の開発・販売を行うオムロンですが、平均年収はどのくらいなのでしょうか。

本記事では、オムロンの平均年収や転職に関する情報をご紹介します。

オムロンの平均年収

オムロンの平均年収を2020年度のオムロンの有価証券報告書から調べると、803万円、平均勤続年数は16.5年でした。

令和2年度最新の調査で、日本の労働者の平均年収は433万円と公表されています。
オムロンの平均年収は、国内平均年収の1.8倍もの高収入になります。

昇給は年1回、賞与は年2回支給されます。
賞与は業績連動型で業績が良いと2回で合計6か月分支給されることも珍しくないようです。

主査に昇進するまでの一般社員は年功序列の傾向が強いものの、主査から職務に該当する能力や成果が評価対象となり、成果主義に移行するようです。

主査になると年収も一気に上がるため、まず主査に昇進することが年収を上げるのに重要になるようです。

オムロンの職種・役職・年代別の平均年収

次に職種・役職・年代別の平均年収をOpenWorkやdoda、その他のサイトから算出しました。

職種別の平均年収

職種別の年収を下記の4つに分類して、ご紹介します。

職種 平均年収
営業職 740万円
技術職 610万円
開発職 650万円
事務職 620万円

営業職が最も高く、その他の職種では年収差は大きくありません。

しかし、営業職以外の職種も600万円台であり、平均年収を大きく上回っています。

役職別の平均年収

役職別の平均年収は以下のようになります。

役職 平均年収
主査 758万円
係長 920万円
課長 1,220万円
部長 1,440万円

主査に昇進すると、年収が100万円近く上がると言われており、課長職では年収1,000万円を超えることが多いようです。

ご紹介したように、管理職者はそれまでの年功序列から役割と成果が評価される成果主義に移行するため、評価次第で前年度の年収を下回る可能性もあるでしょう。

高い収入には、見合った努力と結果が求められることになります。

年代別の平均年収

オムロンの年代別の平均年収を、転職サイトdoda調べの年代別平均年収と比較しました。

年代 平均年収 同業界の年代別平均年収(doda調べ)
20代 410万円 348万円
30代 580万円 444万円
40代 720万円 510万円
50代 840万円 613万円

年代ごとの平均年収を比較すると年代が上がるにつれて、100万円以上も平均年収が上がっているのが分かります。

役職別の平均年収でご紹介した、主査への昇進は30代前半が一般的なようで、40代以降の年収を上げていくには、30代でどのような成果を出すかということが、ポイントになるようです。

オムロンの院卒・大卒の年収(初任給)

学歴別の初任給と推定年収を、ホームページに掲載されている内容を基に算出しました。

学歴 初任給 推定年収
院卒 241,000円 3,130,000円
大卒 217,000円 2,821,000円

推定年収は、「初任給×12か月」と賞与を1か月分と想定しています。

こちらは職種に関係なく、学歴に応じて初任給額が決められています。
上記の表は、中途採用となるキャリア採用情報に掲載されている情報を引用しています。

オムロンの新卒者採用に関する情報では、院卒・大卒・高専卒・短大卒の初任給が記載されています。

しかし、キャリア採用では、院卒と大卒の初任給額のみ紹介されており、実際の給与は経験・能力が考慮されるとも記載してあります。

キャリア採用では、高度かつ専門的な経験・スキルが求められるため、院卒・大卒者を中心に採用が行われているようです。

オムロンと競合他社との年収を比較

オムロンの競合他社となるキーエンスとファナック。
こちらの2社とオムロンの平均年収を、各社が公開している有価証券報告書を基に比較しました。

企業名 売上高 平均年収 勤続年数
オムロン 6,555億円 803万円 16.5年
キーエンス 5,518億円 1,839万円 12.0年
ファナック 5,082億円 1,216万円 14.0年

オムロンと他の2社は、制御機器事業や電子部品事業など、一般消費者向けの製品ではなく、産業用ロボットやセンサーなど企業向けの製品で競合しています。

年収面は、自社工場を持たないため、高い経常利益率を誇るキーエンスが群を抜いており、次いでファナック、オムロンの順になります。

オムロンは、売上高ではトップですが、年収では2社に大きく差を付けられています。

■ 関連記事
平均年収1800万円以上のキーエンスは激務?就職・転職する方法も解説!
ファナックの平均年収は?年収が高い理由や学歴別の年収もご紹介!

オムロンはホワイト企業?

転職する上で、労働環境の良いホワイト企業に転職したい方も多いでしょう。
では、オムロンは、ホワイト企業なのでしょうか。

離職率が低い

2019年春号の会社四季報によると、オムロンの新卒社員の3年後離職率は6.1%とされており、調査対象の企業、約3,700社の中で、100位に位置しています。

厚労省の調査によると、2016年度の大卒新入社員の3年後離職率は32.0%と記載されていることから、離職率がいかに低いかが分かるでしょう。

離職率の低さは、社員が待遇や労働環境に対する不満が少ないことを示すデータでもあるため、オムロンは社員が不満なく働くことができる環境が整っていると言えるでしょう。

有給の取得率が高い

有給休暇の付与日数と取得率の高さも、オムロンの特徴です。

厚労省の調査による、全国平均の有給休暇の付与日数は、年間18.0日、取得日数は9.4日で取得率52.4%とされています。
オムロンの有給休暇付与日数は、平均22.8日、取得日数17.2日で取得率は75.0%です。

このようにオムロンの有給休暇取得率が高いのは、誰が休んでも業務に支障を来さない労働環境が整えられていることが考えられます。

また、社員の休暇取得に対する意識が、ポジティブであることの証明でもあるでしょう。

オムロンに転職する上で知っておきたいこと

オムロンに転職する上で、求める人材像と転職難易度について事前に確認しておくことも大切です。

上記の2点について、ご紹介します。

オムロンが求める人材像

オムロンのホームページに掲げられている、求める人材像をご紹介します。

“世界の社会課題の解決に、誰にも負けない強みを持ってチャレンジできる人財”

具体的な人物像として、以下の3つが挙げられています。

“困難な状況に置かれても、前向きに乗り越えられる人”
“誰にも負けない領域を持っている人”
“「グローバルに活躍しよう」という志を持っている人”

オムロンは、海外事業の売上高が全体の5割を超えており、さらなる飛躍のためにこのような意欲・特技・志を持つ人材が求められています。

参考:オムロン 求める人物像

オムロンへの転職難易度

オムロンでは、ホームページで中途採用者を募集しています。

ほぼ全ての職種の募集を行っており、管理職者の募集も行われています。
中途採用を積極的に行っているため、中途採用者を受け入れやすい体制が整っていますが、専門性の高い経験やスキルが求められています。

オムロンは、平均年収の高さや働きやすさ等から、転職先としても人気があるため、転職難易度は高いと考えて良いでしょう。

事前の対策として、実際に転職に成功した方の転職実例を確認し、どのような業界や企業の方が転職に成功されているのかを知っておくことが有効です。

オムロンと同業界の転職実例をご紹介!

ここでは、「オムロンと競合他社との年収を比較」で紹介した、キーエンスの転職実例をご紹介します。

一部上場電子部品専門商社 営業から、(株)キーエンス 営業への転職実例

【転職者情報】
■学校歴:MARCH 関関同立大  ■学部:理系学部

転職元企業 転職先企業
一部上場、電子部品専門商社 (株)キーエンス
法人営業 法人営業
自動車業界向け 自動車業界向け
3年未満 【詳細内容は会員登録後に見ることが出来ます】
450~650万円 2,110万円
【詳細内容は会員登録後に見ることが出来ます】 【詳細内容は会員登録後に見ることが出来ます】

【CareerTree コメント】
商社という業態は、基本的に自社で工場をもっていないという点も、共通しています。電子部品商社の出身者は、(株)キーエンスの商品と系統が近い商材を扱っている場合があるので、受かりやすいでしょう。

さらに転職実例を詳しく見たい方はこちら

Career Treeで自分の転職の可能性を確認しよう!

ご紹介したように、オムロンは、年収が高く、労働環境に優れているため、転職先として人気の企業です。
このため、転職に成功するためには、事前に入念な対策をしておくことが必要です。

転職活動を効率的に進めたい方は、Career Treeのサービスをご活用ください。

Career Treeには、実際に転職に成功された方の実例データがあるため、あなたに合った転職先を見つけることが可能です。
ご登録いただくことで、1万を超える全ての実例データが閲覧可能となるため、あなたの転職活動に役立てることができるでしょう。

転職活動は、早めの対策を行い、余裕をもって進めていくことが大切です。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

オムロンの平均年収や、転職活動に必要な情報をご紹介しました。

オムロンは、平均年収が803万円と高く、社員のワークライフバランスに配慮した福利厚生制度も整備されています。

オムロンは、転職先として人気も高いですが、中途採用に求められる経験・スキルの高さから転職難易度は高く、入念な事前の対策が重要です。

転職活動は、まず、自分に合った転職先を選ぶことが大切です。
Career Treeにご登録いただければ、自分がどのような転職先に転職できるのか、転職の可能性を知ることが可能です。

登録は無料です
あなたの転職を効率的に進めていくために、Career Treeのサービスをご活用ください。

>>全ての転職実例を見る

  • コメント: 0

関連記事

  1. みずほ銀行ロゴ

    みずほ銀行の平均年収は?メガバンクとの比較や社風・福利厚生・転職について解説!

  2. 野村総合研究所の平均年収!給与制度や企業文化についても徹底解説!

  3. NECの年収はいくら?職種や役職・年代・学歴別給与や転職について解説!

  4. 富士フイルムの平均年収は?昇給・評価制度やボーナスについても解説!

  5. 大塚製薬の平均年収は?福利厚生や職種・役職・年代別の年収も解説!

  6. 博報堂の年収はいくら?社風や労働環境・転職方法について解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。