NTTドコモの年収は?待遇や休暇制度、社風についても解説!

スマートフォンの「三大キャリア」のひとつとして圧倒的な知名度を誇るNTTドコモ。知名度の高い大企業であり、転職先としても人気の企業のひとつです。

この記事では、NTTドコモの年収や待遇、社風や特徴について解説します。併せて、NTTドコモへの転職に関する情報についても紹介します。

NTTドコモの平均年収

まず、NTTドコモの平均年収をまとめます。2020年度3月期の有価証券報告書によると、NTTドコモの平均年収は「870万円」です。

NTTドコモの年収は、国内平均や同業他社と比較しても非常に高いと言えます。具体的に、国税庁の最新データを見てみると、日本における正規雇用の人の平均年収は2020年度で「503万円」となっています。また、転職サイト「doda」のデータによると、2020年度のIT・通信業界の平均年収は「444万円」です。これらのことから、NTTドコモの平均年収は、国内平均年収よりも370万円程高く、IT・通信メーカーの業界平均よりも400万円以上も高いことがわかります。

NTTドコモの職種・役職・年代別の平均年収

次に、NTTドコモの年収を職種・役職・年代・学歴ごとにまとめます。なお、ここで紹介する各種平均年収は、NTTドコモへの実際の勤務経験のある人の口コミが掲載されるサイト「OpenWork」の情報を基にしています。

職種別の平均年収

まずは職種別の年収についてです。OpenWorkおよび採用HPによると、NTTドコモの職種は大きく以下に分かれます

■ 事務系
■ 技術系

各職種の平均年収は、以下の通りとなっています。

職種 平均年収
事務系 620〜720万円程度
技術系 680〜780万円程度

NTTドコモでは、技術系職種の平均年収の方が高い傾向にあることがわかります。

役職別の平均年収

NTTドコモでは、役職別により、平均年収が以下のように異なります。

役職 年収目安
一般2 〜450万円
一般1 450〜700万円
主査 700〜900万円
担当課長(組合員) 9000〜1,200万円
担当課長(管理職) 1,200〜1,300万円
担当部長 1,300〜1,500万円
部長〜 1,600万円〜

総合職で入社した場合は、基本的に「一般2」からスタートします。その後は年功序列と実力により昇給していき、等級が上がるに連れて平均年収も上昇するようです。

年代別の平均年収

次は年代別の年収についてです。ここでは、OpenWorkに投稿された勤続年数に応じた年収の例を見てみます。なお、ここでは新卒入社の人の口コミを取り上げています。

勤続年数 年収目安
勤続3年未満 営業:450万円
営業:350万円
SE:480万円
勤続3〜5年 営業:500万円
技術:720万円
技術:580万円
勤続5〜10年 事業計画:750万円
営業:780万円
技術:850万円
勤続10年以上 企画:860万円
営業:830万円
技術:920万円

職種によって年収差はややあるものの、NTTドコモの年収は、年功序列で上昇する傾向があることがわかります。

NTTドコモの学歴別の初任給

次は、最終学歴による初任給の違いを紹介します。2020年度の実績によると、NTTドコモの初任給は学歴別に以下のような違いがあります。

最終学歴 初任給
短大・専門卒 192,510円
高専卒 195,060円
大学卒 219,000円
修士了 241,060円
博士了 291,100円

NTTドコモでは、最終学歴が高ければ高いほど、初任給も高いことがわかります。

NTTドコモと競合他社との平均年収比較

ここでは、NTTドコモの競合他社にあたるソフトバンク、KDDIとの平均年収を比較してみましょう。なお、平均年収は各社の2020年度の有価証券報告書を参考にしています。

企業名 平均年収
NTTドコモ 867万円
ソフトバンク 782万円
KDDI 930万円

「3大キャリア」の中で比較すると、NTTドコモの平均年収は2番目に位置することがわかります。ただし、3社いずれの企業の年収も高額であることに変わりはありません。

ソフトバンクの年収について詳しく知りたい方はソフトバンクの年収はいくら?休暇や福利厚生、社風や転職についても解説!をご覧ください。

NTTドコモの社風

ここでは、NTTドコモの社風についてまとめます。
公式HPの「人事担当メッセージ」を参照すると、NTTドコモについて、「何でも一緒に、オープンにやる社風」と記載されています。具体的には、プロジェクト単位で部門間の垣根を超えてチームが組まれ、業務を進めていく体制が取られているようです。これは、複数の部門をまたぐプロジェクトを立ち上げることで、社員同士が協力し成長していくことを目的としているとのことです。

OpenWorkの口コミにも「役割が会社全体で細分化され部門をまたいで広がっている分、1つのサービスを立ち上げるにしても全ての部門が協力して進めていく体制が確立されている」という声が寄せられていました。また、「自分の担当範囲内であれば広めの裁量権が与えられる」「本社は風通しがよく、上下関係なく物を言える」といった口コミもあり、オープンな社風であることがわかります。

一方で、元々はNTTが国営企業だったことから「官僚的な組織の名残が残っている」「大企業であるため意思決定スピードは遅い」という意見も見受けられました。

NTTドコモの待遇や休暇制度について

続いてはNTTドコモの待遇および休暇制度について見ていきます。

待遇 昇給年1回、賞与年2回、交通費全額支給、各種社会保険完備、諸手当(住宅、扶養、他)、財形貯蓄制度、共済/各種貸付制度、その他福利厚生施設
休暇制度 完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始・夏季休暇、年次有給休暇20日(採用月により異なる)、特別休暇(慶弔ほか)、育児休暇・介護休暇制度など

昇給制度については「成果主義を導入しているが、最高評価と最低評価の差額は10〜20万円で大きな差はつかない」という声が見られました。

また時間外勤務については「サービス残業はなく、早朝出勤に対しても時間外勤務が適用される」という意見がありました。有給も比較的取得しやすいようで「1時間単位での申請も可能」「前日や当日の有給も申請可能」と、好意的に評価する意見が多くありました。

NTTドコモに転職するには?

次は、NTTドコモに転職を希望する人が知っておきたい情報について紹介していきます。

NTTドコモへの転職難易度

NTTドコモの転職難易度は、難しいと言えるでしょう。その理由は、中途者の募集は行っているものの、募集ポジション数が少なく、倍率が高いと予想されること、また中途者には実務経験や高い能力が求められるためです。

具体的に、NTTドコモでの中途を募集しているサイト「Recruit Agent」を見てみると、2021年4月時点においてNTTドコモで募集されているポジション数は、8つのみです。

応募資格について見てみましょう。2021年4月時点で募集されている「アカウントセールス」の応募要項には、以下の条件が記載されています。

【必須】以下いずれかのご経験をお持ちの方

■ ITソリューション関連の営業経験
■ システムエンジニア、プリセールスなど営業以外のIT職種経験

技術職の例も見てみましょう。2021年4月時点で募集されている「AIスペシャリスト」の応募要項には、以下が記載されています。

【必須】以下いずれかのご経験・スキルをお持ちの方

■ AI/機械学習・深層学習等を用いたデータ分析・解析に関する専門性・経験
■ 音声処理または自然言語処理に関する専門性・経験 ・Python等のプログラミングスキル

これらの応募資格を見ると、NTTドコモの中途採用では、当該業務での勤務経験が必須であることがわかります。

一方で、NTTドコモの中途採用では、企業側が応募者に対して「経験・希望に応じてポストを提案する」という仕組みも取られています。応募要項にも「詳細な求人内容(ポスト)は、ご経験やご希望を伺いご提案いたします」と明記されており、能力や希望により、適したポジションがあれば、柔軟に対応してくれることも予想されます。

しかし、やはり実務経験や能力が必要なことには変わりはないでしょう。これらの状況を総括すると、NTTドコモへの転職は難しいと言えるでしょう。

NTTドコモが求める人材像

ここでは、NTTドコモの求める人物像についてまとめます。NTTドコモの公式採用HPの「当社の求める人物像」というページには、以下の4つの項目が掲げられています。

■ 自ら考え、行動ができる人
■ チャレンジ精神旺盛な人(飽くなき好奇心)
■ チームで働く力(マネジメント力・業務推進力・対人力)
■ 健康で明るく、ルールを守ることができる人

また、NTTドコモの人事担当者へのインタビュー記事を見てみると、「学生の何を見ていますか?」という質問に対して「挑戦心と行動力を兼ね備えている人材」と回答されています。

具体的には、今後、NTTドコモが主力の通信事業以外にも様々な事業を展開していく中で、「新しい事業をやってみたい」という意欲を持ち、最後までやり抜くような力を持った人物が求められているとのことです。変化の多い環境下でも、変化することに楽しさを感じ、自分で考えて行動する人材が必要とされるようです。

NTTドコモに転職する際の面接では、前職の経験などを踏まえて、自身がこれらの条件に合致する人物だということを、話すことが有効でしょう。

Career Treeで自分の転職可能性を確認しよう!

圧倒的な知名度を誇るNTTドコモは、就職先としても人気です。しかし、先述の通りNTTドコモは2021年現在では中途採用者のための募集ポジションは少なく、また当該業務における実務経験や能力が求められているため、転職の難易度は高いといえます。

NTTドコモへの転職を希望する人が初めに行うべきことは、中途採用に関する正しい最新情報を収集することでしょう。NTTドコモへの転職を成功させた人の最新実例データを見ることで、実際の採用状況が見えてくるでしょう。

NTTドコモへの転職データを見るためのツールとしては、Career Treeがおすすめです。Career Treeでは、NTTドコモをはじめとして、KDDIやソフトバンクなどの、他社の通信業界への転職実例も見ることができます。他社の転職事情を知り、違いを理解することで、スムーズに各社への転職活動を進められるでしょう。

また、Career Treeでは、今働いている企業を起点とした転職データの収集も可能です。例えば「現在の勤め先からNTTドコモに転職した人はいるのか」という情報も確認することができます。

Career Treeであれば、オンラインで手軽に、一人一人の希望やバックグラウンドを加味した上での転職実例を紹介いたします。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリー for you に登録
(無料)

まとめ

ここまで、NTTドコモの年収や評価制度、転職の情報について紹介しました。

高い知名度と安定した年収で、転職先としても人気企業のNTTドコモです。中途者の募集ポジション数は少なく、かつ応募には当該業務への実務経験が必要とされるため、転職を成功させるのは簡単ではないかもしれません。

NTTドコモへの転職を成功させるためには、具体的な実例情報を知ることが、大切です。また、Career Treeを利用することで、最新のNTTドコモへの転職に関するデータを手軽に収集することが可能です。また、他の通信業界への転職情報も同時に閲覧できるため、他社と比較検討しながら、効率的に転職活動を進められるでしょう。

Career Treeを参考にしながら、NTTドコモへの転職を検討してみてください。

関連記事

  1. Googleロゴ

    【転職人気企業特集】第六弾!Google(合)への転職実例 ~転職前後の年収の変化も分かります~

  2. ヤフーの平均年収は?競合他社との比較や昇給・評価制度についても解説!

  3. 楽天ロゴ

    楽天(株)からの転職実例【転職前後の年収の変化も分かります】

  4. KDDIの年収はいくら?社風や福利厚生・仕事内容・転職についても解説!

  5. マイクロソフトの年収はいくら?社風や特徴・転職方法を解説!

  6. サイバーエージェントロゴ

    (株)サイバーエージェント(CA)からの転職実例【転職前後の年収の変化も分かります】

  1. 日本政策投資銀行(DBJ)の年収は?職種別の年収や転職方法について…

  2. オリンパスの平均年収は?福利厚生や研修制度、転職難易度もご紹介!

  3. 大塚製薬の平均年収は?福利厚生や職種・役職・年代別の年収も解説!

  4. アイリスオーヤマの年収は低い?職種や学歴別の年収についてもご紹…

  5. 東レの年収は低い?学歴別の初任給や福利厚生についても解説!

カテゴリー