【プライム上場】フロンティア・マネジメントの平均年収は1217万円?競合コンサルとの役職別年収比較や特徴も解説!

フロンティア・マネジメント株式会社は、M&Aアドバイザリーをはじめ事業再生支援、経営コンサルティングなどを行うコンサルティングファームです。

年収ランキングでも常に上位に入っている企業です。

本記事では、フロンティア・マネジメントの年収や福利厚生、社風などの様々な情報をご紹介。フロンティア・マネジメントへの転職をお考えの方に向けた情報をお届けします。

フロンティア・マネジメントの平均年収

有価証券報告書によると、フロンティア・マネジメントの平均年収は1,217万円です

国税庁の令和元年民間給与実態統計調査によれば、国内の平均年収は436万円です。フロンティア・マネジメントの平均年収はその約2.8倍の高水準となっています。

平均年収が高い理由として、フロンティア・マネジメントの高い専門性が挙げられます。フロンティア・マネジメントには弁護士や会計士、投資銀行出身者など各分野の専門家が集まっており、業務も極めて専門性が高くなっています。そのため会社全体の年収水準も高いのです。

サービス登録画像

フロンティア・マネジメントの学歴別の初任給、採用大学、役職別年収

フロンティア・マネジメントの学歴別新卒初任給、採用実績大学、役職別年収を見ていきましょう。

ここでは、「OpenWork」のデータを参考に各項目の平均年収を推定しています。

フロンティア・マネジメントの学歴別の初任給

フロンティア・マネジメントの学歴別初任給についてです。

学歴 初任給(万円)
大学卒 36万6667円/月
大学院修了 36万6667円/月

フロンティア・マネジメントの初任給は、学歴にかかわらず36万6,667円/月です。学部卒と大学院卒で初任給に差は生じません。

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によれば、国内の初任給の平均は大学卒で21万200円/月、大学院卒で23万8900円/月なので、フロンティア・マネジメントの初任給は高水準であると言えます。

フロンティア・マネジメント採用実績大学

学歴についてです。フロンティア・マネジメントの採用実績校は以下の通りです。

<大学院> 京都大学、東京大学、東京工業大学
<大学>      関西大学、京都大学、慶應義塾大学、上智大学、中央大学、東京大学、一橋大学、法政大学、立命館大学、早稲田大学

数々の名門大学が名を連ねていることから、フロンティア・マネジメントでは学歴も重視されることがわかります。

フロンティア・マネジメント役職別平均年収

役職別の平均年収です。

役職 平均年収
アソシエイト 500〜800万円
アソシエイトディレクター 800〜1,000万円
ディレクター 1,200〜1,500万円
シニアディレクター 1,500〜2,000万円

フロンティア・マネジメントでは、アソシエイト、アソシエイトディレクター、ディレクター、シニアディレクターの順で役職が上がっていきます。

年収水準に関しては、全体的に満足しているという口コミが多く見られました。フロンティア・マネジメントでは、年に1度の昇給に加え、月給の約3.6倍の業績賞与が支給されます。

中途採用の場合は、入社時の年収水準がカギとなってくるようです。毎年の昇給幅は緩やかなため、入社面接時の印象が重要であるという声もありました。

フロンティア・マネジメントと競合ファームとの年収比較

フロンティア・マネジメントと競合コンサルとの年収を役職別で比較していきます。今回は、同業大手のベイカレント、野村総研、ドリームインキュベータと比較を行いました。

役職はそれぞれコンサルタント、マネージャー、ディレクターで比較します。競合企業のデータは、過去のCareer Tree記事から引用しました。

企業名 コンサルタント年収 マネージャー年収 ディレクター年収
フロンティア・マネジメント 500〜800万円
(アソシエイト)
500〜800万円
(アソシエイト)
1,200~1,500万円
ベイカレント・コンサルティング 791万円 1,147円 1,567万円
(シニアマネージャー)
野村総研 600~800万円
(専門職)
1,000~1,300万円
(主任)
2,000~3,000万円
(部長)
ドリームインキュベータ
1,040万円
(ビジネスプロデューサー)
1,500万円 2,000万円
(シニアマネジャー)

フロンティア・マネジメントの平均年収は、ベイカレントと比較すると同程度、野村総研やドリームインキュベータと比較すると若干低めであることが分かります。

しかし、中途採用者の年収に関しては一概にこの限りとは言えません。前職の給与水準を参考に年収が決定するため、特にコンサル業界からの転職の場合かなり高い年収が期待できます。

■関連記事
【プライム上場】ベイカレント(ベイカレ)の年収は日系ファームの中で高い?給与テーブルや激務の実態を調査
野村総合研究所(NRI)の平均年収!給与制度や企業文化についても徹底解説!
【プライム上場】ドリームインキュベータ(DI)は激務?役職別の年収や福利構成、中途採用の難易度を調査

>コンサルティング業界の転職実例をチェックする

フロンティア・マネジメントの業績

フロンティア・マネジメントの業績について見ていきます。

2017年12月期 2018年12月期 2019年12月期 2020年12月期 2021年12月期(予想)
売上高(百万円) 3,880 4,690 4,771 5,192 5,700
経常利益(百万円) 254 676 678 575 510

表を見ると、ここ5年でフロンティア・マネジメントは右肩上がりに売上高を伸ばしていることがわかります。

フロンティア・マネジメントの「2021~2023年度 中期経営計画」では、量的拡大の加速、差別化されたソリューションの追求、プリンシパル投資の実施を目指し以下の3つを重要戦略として掲げています。

■ 積極的な人材採用の継続、重要セクター、シニア採用の強化
■ 提供するソリューションの拡大、エリア(面、密度)の強化
■ 自社のM&A・提携、資本を使ったビジネスモデル導入

コロナ禍での大型案件の期ズレや積極採用による人件費増など、短期的なマイナス要因がありつつも、中期的に見ると事業拡大/組織拡大が順調に進んでおり、この先更なる成長が期待できます。

フロンティア・マネジメント福利厚生と休暇制度

フロンティア・マネジメントの福利厚生と休暇制度についてご紹介します。

休日・休暇 完全週休2日制、有給、年末年始(原則として12月29日~1月3日)、年次有給休暇、アニバーサリー休暇、リフレッシュ休暇、傷病休暇、慶弔休暇(結婚休暇、配偶者の出産休暇等)、出産・育児・介護休暇
各種手当 慶弔見舞金
保険・健康 各種社会保険加入(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)、総合福祉団体定期保険
資産形成 従業員持株会
その他
福利厚生サービス提供会社が提携するホテル、スポーツクラブ等の割引利用等

フロンティア・マネジメントでは、上記のような福利厚生が充実しています。

女性の働き方に関しては、女性比率が極めて低いという声はありつつも、性別による区別なく活躍できる環境が整っているという口コミもありました。

産休・育休制度もあり、実際に取得している女性社員もいるようです。ただし、コンサルという職種上激務な側面もあり、プライベートと両立しながら働くのは難しいのではという声もありました。

〉〉コンサル業界の非公開求人を確認する

フロンティア・マネジメントは激務?激務度や社風について

フロンティア・マネジメントの社風

フロンティア・マネジメントの社風は、年功序列の色が強いと言えます。

特に若手や中堅層に対しては長時間労働が求められる一方で、シニア層は目立った成果を挙げなくとも好待遇を受けていることに不満を抱いている社員も多いようです。

一方で、風通しはよくお互いを尊重し合う文化を評価する声もありました。若手の成長機会も多く、実力を磨くのにぴったりな環境と言えます。

また、フロンティア・マネジメントの創業者である大西正一郎氏と松岡真宏氏の影響力も大きいのが現状のようです。

フロンティア・マネジメントの激務度は高い?

結論、フロンティア・マネジメントの激務度は業界では高い方であると言えます。

Openworkによると、フロンティア・マネジメントの労働環境は月間平均残業時間は63.4時間、有給休暇取得率は49.0%です。コンサルティング・シンクタンク業界平均はそれぞれ45.3時間、58.5%なので、フロンティア・マネジメントは業界平均と比べ残業時間はやや多め、有給取得率はやや低めとなっています。

一方で、フロンティア・マネジメントは働き方改革にも積極的に取り組んでおり、プライベートとの調整もつけやすくなってきているという口コミも多く見られました。

プロジェクト単位で動くことがほとんどのため、プロジェクトが立て込むと長時間の労働が必要になりますが、プロジェクトの合間に有給を取得することも可能なようです。

フロンティア・マネジメントの求める人物像

フロンティア・マネジメントの求める人物像

フロンティア・マネジメントのコーポレートサイトによると、求める人物像は以下の通りです。

フロンティア・マネジメントには、様々なバックグラウンドの専門家が揃っています。全員に共通するミッションは、クライアント企業やすべての利害関係者に貢献すること。私たちにしか作り出せない最高のサービスで、クライアント企業の変革を推進し、最高の成果を追求できるプロフェッショナルを求めています。

フロンティア・マネジメントは会計や法律、M&A、ビジネスなどあらゆる分野の専門家集団です。企業経営にかかわる分野での高い専門性が求められます。

フロンティア・マネジメントの転職難易度と選考フロー

フロンティア・マネジメントの転職難易度は高いと言えます。中途採用者数がそこまで多くないのにもかかわらず、現在成長中の注目企業であり人気が高いからです。また、先述の通り特定の分野での高い専門性が求められるという点も要因の1つとなっています。

フロンティア・マネジメントの中途採用における選考フローは以下の通りです。

エントリー・書類選考 → 1次~2次面接 → 最終面接 → 内定

面接は基本的に2~3回で、1対1もしくは1対複数で行われます。面接1回あたりの所要時間は30分~1時間であり、鋭い質問はありつつも和んだ雰囲気で進行したという口コミが見られました。

コンサル業界で特に警戒されるのがケース面接ですが、フロンティア・マネジメントでは実施されない場合もあるようです。

最終面接は、創業者であり現代表取締役の大西正一郎氏と松岡真宏氏が担当するようです。最終面接の後には、人事面談も行われ具体的な入社時期についてなどの相談があります。

CareerTreeで自分の転職の可能性を確認しよう!

フロンティア・マネジメントへの転職実例を知るためには、CareerTreeを活用することも有効です。もちろんフロンティア・マネジメントだけではなく、他のコンサルティングファームへの転職実例データを見ることも可能です。CareerTreeを使うことで、フロンティア・マネジメントや他のコンサルティングファームへ転職した人の生の情報に触れながら、効率的な転職活動を実現できるでしょう。

また、CareerTreeでは、フロンティア・マネジメントの転職情報を収集できるだけでなく、今働いている企業を起点とした転職データを見ることができます。例えば「現在の勤め先からフロンティア・マネジメントに転職した人はいるのか」「フロンティア・マネジメントへ転職した人は、他にどのような企業を受けたのか」という情報も見ることが可能です。

CareerTreeであれば、オンラインで手軽に、かつ充実したリアルな転職実例の情報収集が可能です。加えて、ひとりひとりの希望やバックグラウンドを加味した上での転職実例を紹介いたします。

下記の登録ボタンから、メールアドレスとキャリアデータ(大学、企業名、職種など)を登録いただければ、無料でご利用いただけます。

サービス登録画像

キャリアツリーに登録
(無料)

まとめ

ここまで、フロンティア・マネジメントの年収や福利厚生など、転職活動にあたって押さえておくべき情報を紹介しました。

高い業界シェアと安定した業績で、転職先としても高い人気を誇るフロンティア・マネジメントですが、転職希望者には極めて高いスキルが求められるため、転職難易度が非常に高いことも事実です。

フロンティア・マネジメントで働きたい方は、まずは転職の正しい情報を知ることが重要です。CareerTreeに登録することで、最新のフロンティア・マネジメントへの転職に関するデータを収集できます。最新の転職事情について知ることで、具体的な面接対策を行うことができるでしょう。

CareerTreeを活用しながら、フロンティア・マネジメントへの転職活動を進めてみてください。

 

>>フロンティア・マネジメントへの転職実例を確認する

  • コメント: 0

関連記事

  1. ポストコンサルのキャリアツリー【年収UP,事業企画ポジションへの転職】

  2. コーン・フェリー・ジャパンのプリンシパル年収は?激務度や転職難易度なども解説!

  3. マーサージャパンの平均年収は競合コンサルとの比べて低い?激務度や転職難易度なども解説!

  4. クニエの平均年収は競合コンサルとの比べて低い?事業特徴や採用実績大学も解説!

  5. 【プライム上場】山田コンサルティングは激務?競合コンサルとの役職別年収比較や特徴も解説!

  6. 【プライム上場グループ】フューチャーアーキテクトは激務?競合コンサルとの役職別年収比較や特徴も解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

実際の面接内容を公開中!あなたが行きたい企業に受かった人のプロフィールも大公開中です!
無料キャリア相談はこちら
実際の面接内容も公開中!
無料キャリア相談